舌痛症とは

舌痛症とは、舌自体には異常が無いにも関わらず慢性的に痛みや痺れの症状が続く事です。
はっきりとした原因は分かっていませんが、ストレスなどの心因的要因による自律神経の乱れ(知覚神経異常)が原因とも考えられています。

40歳~60歳前後の女性に多い傾向があります。
歯科治療の後から舌が気になりだして、症状が発生する事も多いようです。
また強いストレスを受けた後から、舌の痺れや痛みが起き出すケースも多いと言われています。

舌痛症の特徴

舌の症状のため食事の際には痛みや痺れが増強されそうなイメージがありますが、舌痛症の場合は食事中はかえって痛みが軽減、消失をする傾向にあります。
また痛みで睡眠困難になったり、睡眠中に目が覚めるという事も無いといわれています。
痛みや痺れは1日の中でも変動して、他の事に意識が集中している時には気にならない特徴があります。
また起床直後や午前中は比較的落ち着いていますが、夕方や夜にかけて症状が強くなることが多いようです。

同じ舌の痛みでも真菌が原因となる口腔カンジダ症の場合は、食事によって増悪する、痛みが1日中持続するなどの違いがあります。

舌痛症の治療法

舌自体には異常が見つからず原因もはっきりしていないため、有効な治療方法は見つかっていません。
そのためいつまでも症状が改善されずに、長い期間にわたって舌痛症の症状に苦しまされる方も少なくありません。
ストレスなどの心因的要因が深く関わっていると考えられているため、抗うつ剤が処方される事もあるようです。

舌痛症に対する漢方治療

松阪漢方堂でも舌痛症の多くは、自律神経・知覚神経の乱れとして改善に取り組んでいきます。
症状の根底には、ストレスや不安感などの心因的要素が大きく関わっている事が多いように感じられます。

抗うつ剤などの薬と比べると、漢方薬の場合は依存性が無い、病院薬のような副作用が無いなどの利点があります。
また抗うつ剤では効果が無いケースでも、漢方薬では改善出来る事も多いです。

使われる事の多い漢方薬
・苓桂朮甘湯
・桂枝加竜骨牡蛎湯
・半夏厚朴湯
・加味逍遥散
・逍遥散
・四逆散
・抑肝散
・柴胡桂枝乾姜湯など

舌の乾燥感・違和感

舌に関する症状としては、舌痛症のような痺れや痛み以外にも、舌の乾燥感などの違和感や味覚障害(口の中が苦い、酸っぱいなどの味覚の異常、味がしないといった味覚の消失)などがあります。

舌の乾燥感の原因として、ストレスや薬の副作用、口呼吸の習慣などがあげられる事が多いです。
口の渇きに加えて眼の渇きも伴う場合は、シェーグレン症候群という自己免疫疾患の可能性も考えられます。

漢方治療を行う際には、舌の乾燥感に対しては改善すべき原因を①自律神経のバランスの乱れ②中焦の熱証(身体の中に余分な熱が籠っている状態)に大きく分けて考えます。

舌の違和感・乾燥感の症例

40代・女性
1年程前から舌の乾燥感、ざらざらするなどの違和感が気になるようになりました。
病院ではビタミン剤や亜鉛などを処方されましたが、改善しないため漢方相談に来店されました。

中焦の熱証を改善する漢方薬をお出ししたところ、ある程度の改善はありましたが、そこから改善が停滞してしまいました。
そこで自律神経のバランスを整える漢方薬に切り替えたところ、少しずつ違和感、乾燥感が軽減して、気にならなくなってきました。

現在は漢方治療を開始して半年程になります。
以前は仕事中も舌の違和感がしきりに気になっていましたが、今では殆ど意識することが無くなりました。
現在は症状の完全な消失と再発防止のために漢方薬の服用を継続しています。
この方の漢方薬代金 1日あたり 500円(税別)

舌痛症や舌の違和感、味覚障害などの症状は、病院にかかっても原因が特定出来ずに、何年も症状が続いてしまう事も少なくありません。
そのようなケースに対して、漢方薬が有効に作用して症状が改善、消失する事も多いです。
お困りの方は、一度ご相談頂ければと思います。