アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎には、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎があります。
通年性アレルギー性鼻炎では、埃やダニの死がい、カビなどが原因物質になり、季節性アレルギー性鼻炎のほとんどは花粉の飛散時期と症状が一致する「花粉症」になります。

春先のスギやヒノキが有名ですが、秋に悪化する方はブタクサが原因の事が多いです。それ以外にもイネやヨモギが原因となることもあります。

東洋医学ではアレルギー性鼻炎・花粉症は水毒と捉えて治療をする事が多いです。
鼻炎の漢方薬では小青竜湯が有名ですが、肉類、油物の摂り過ぎや暖房による内熱の蓄積によって、なかなか小青竜湯だけでは効果が出ない方が増えているように思います。

また冷えが強かったり、貧血傾向がある方は、やはり小青竜湯よりももっと温め補う作用のある苓杏甘味辛夏仁湯や麻黄附子細辛湯の方が向いている方がいます。

松阪漢方堂では上記の漢方薬以外にも、「鳳水仙(ほうすいせん)」というアレルギー症状に効果の高い漢方製剤を取り扱っています。
鳳水仙はアレルギーに対して効果の高い甜茶やバラの花びらエキスなどを含み、幅広くアレルギー性鼻炎・花粉症に対して効果を発揮します。
また麻黄が含まれていないため、甲状腺疾患でチラーヂンを服用している方も安心して飲む事が出来ます。
味もくせが無いので、小さいお子さんも飲みやすいと思います。

慢性的なアレルギー性鼻炎を完全に根治させる場合は、ある程度の期間服用を続ける必要が出てきます。

ただしアレルギー性鼻炎や花粉症の鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった症状に対しては、漢方薬は比較的即効性があります。飲んでしばらくすると、グズグズしていた鼻水が落ち着く事も珍しくありません。

そのため花粉症の時期だけ漢方薬を飲むという方法でも、辛い花粉症の時期を楽に過ごす事が可能になります。

養生法は、水分の摂り過ぎには気を付けて、果物や生野菜も控えるようにした方が改善が早くなります。また上半身は出来るだけ冷やさないよう気を付けて、冬場はマフラーなどをすると良いと思います。

アレルギー性鼻炎の症例

〇20代後半・女性
中学生の頃から、毎年春先になるとスギとヒノキの花粉症に悩まされるとご相談がありました。
鼻水やくしゃみ、目の痒みなどの症状があります。
花粉症に対する漢方薬と補助剤を1日3回服用して頂いたところ、いつもに比べて大幅に花粉シーズンを楽に過ごす事が出来たご様子でした。
この方の漢方薬代金 1日あたり 漢方薬 450円 補助剤 150円(税別)

〇20代前半・女性
毎年スギ花粉の時期になると、ドラッグストアーで抗アレルギー薬を服用していましたが、あまり薬に頼るのも身体に良くないと考え、漢方薬のご相談に来店されました。
漢方薬に加えて、ツボへの刺激も併用したところ、1ヵ月程で効果が出始めて、一番花粉の飛散が多い時期にも殆ど症状無く過ごす事が出来ました。
この方の漢方薬代金 1日あたり 漢方薬 300円 補助剤 300円(税別)

〇40代後半・女性
元々花粉症ではありますが、数日前から急に鼻詰まりが悪化して夜も眠れなくなったため漢方相談に来店されました。
点鼻薬をしても効果がありません。今まで飲んでいた小青竜湯も効かないようです。
急な鼻詰まりは、鼻腔内の粘膜の急性の炎症・浮腫が原因と思われます。
炎症・浮腫に対する漢方薬と補助剤の組み合わせをお出ししたところ、翌日から鼻詰まりが改善を始めました。
また普段からある、鼻水、くしゃみの症状も大幅に軽減しました。
この方の漢方薬代金 1日あたり 漢方薬 300円 補助剤 300円(税別)

〇70代前半・女性
数年前からスギ・ヒノキの花粉症ではありますが、最近は秋にも鼻炎症状が出てくるとご相談に来店されました。
犬の散歩で、田んぼ道や草むらを歩くと悪化するようです。
花粉症に対する漢方薬と補助剤を1日2回と、犬の散歩前にも1回飲んで頂くようにしたところ、症状が大幅に軽減されました。
この方の漢方薬代金 1日あたり 漢方薬 450円 補助剤150円(税別)

アレルギー性鼻炎・花粉症の症例はこちら

鼻炎というとアレルギー反応によるものというイメージがありますが、アレルギー反応が関与しない血管運動性鼻炎があります。

血管運動性鼻炎

血管運動性鼻炎はアレルギーが原因では無く、自律神経の異常によって起こると言われています。
副交感神経の緊張亢進により血管の透過性亢進や浮腫を生じる事で鼻水の分泌亢進や鼻づまり、クシャミを起こすと考えられています。

血管運動性鼻炎は、ちょっとした刺激にも反応しやすく、特に温度差によって症状が誘発されやすい傾向があります。
また眼の痒みの症状は殆ど感じない事が多いです。

血管運動性鼻炎の場合は、漢方治療でも通常のアレルギー性鼻炎とは違うアプローチが必要になる事もありますが、漢方薬が合えば順調に改善する事の多い疾患です。

花粉が原因となるその他の症状

○花粉による咳症状
花粉症というと、鼻水、くしゃみ、目の痒みが代表的な症状ですが、花粉が原因で気管に炎症が起こり、咳の症状が出る事があります。
特に秋に飛散が増える「ブタクサ」や冬から春に増える「ハンノキ」の花粉は、粒子が小さいため気管に到達し易く、咳の原因となります。
毎年同じような時期に、乾いた咳が続く場合は、花粉による咳の可能性があります。
この花粉が原因の咳に対しても、漢方薬で改善出来ることが多いです。

花粉が原因と思われる咳の症例

30代・女性
毎年決まった時期に咳が止まらなくなるため、漢方相談に来店されました。
病院で詳しく調べたわけではありませんが、特定の花粉の飛散量が増える時期と咳の症状が一致しているため、花粉が原因の咳に間違いないと思うとのことです。

アレルギー症状に対する漢方薬と咳に対する漢方薬を組み合わせてお出ししたところ、服用3日程で咳が出なくなりました。
毎年2~3ヶ月は咳に悩まされていたため、とても楽になったと喜んで頂きました。
この方の漢方薬代金 1日あたり 咳に対する漢方薬 300円 アレルギーに対する漢方薬300円(税別)

○花粉による皮膚炎
花粉が肌についてアレルギー性の皮膚炎を起こすのが、花粉皮膚炎です。
鼻水が出る、目がかゆくなるなどの花粉症の症状がなくても、花粉皮膚炎を起こすケースもあります。
花粉の飛ぶ時期になると肌が乾燥する、湿疹が出来るなどの症状が出る場合には、花粉症皮膚炎の可能性があります。

花粉の刺激により皮膚の炎症が起きる場合は、炎症を鎮める作用のある漢方薬で対応する事が多いです。