松阪漢方堂では鍼灸院を併設しています。
漢方薬と鍼灸治療は、内服とツボへの刺激という一見すると全然違うアプローチに見えますが、身体を流れる気の状態、血流、水の偏在を改善することで自然治癒力を高め、病的状態を改善していくという目的は同じものです。

漢方薬で改善出来るものは鍼灸治療でも改善出来ますし、鍼灸治療で改善出来るものは漢方薬でも改善できますが、疾患によって漢方薬の方が効果的な症状、鍼灸治療の方が効果的な症状があります。

また漢方薬と鍼灸治療を組み合わせることで、より改善効果は高くなります。

鍼灸治療について

当院では、脈診(手首の脈の状態で身体の状態を知る)、舌診(舌の色や形から身体が冷えているのか熱がこもっているのか、水分が多いのか少ないのかを知る)という東洋医学の伝統的な診断方法をベースに、日本人の体質に合った優しい刺激の鍼灸治療を行っています。

局所(痛いところ)に直接鍼やお灸で刺激をするだけではなく、身体を流れる気の停滞を改善することで血、水の停滞、偏在を解消して様々な症状が改善されるよう取り組んでいます。

また糸練功を使う事で、より正確に個々人の病能を把握して、症状に対して反応が現れているツボを見付けることが可能になります。

当院で使用している鍼は直径0.12~0.2mm、髪の毛程の細い鍼です。滅菌済み使い捨ての鍼を使用していますので衛生面でも安心です。
お灸は、肌に直接すえないお灸、痕の付かないお灸も使用しております。

鍼灸治療をご希望の方は松阪漢方堂鍼灸治療院専用電話 080-5295-4268 にてご予約して下さい。
漢方薬との併用や相談してから漢方薬か鍼灸治療かを決めようと考えている方は
0598-30-6525でのご予約をお願いします。

漢方薬を希望している方に無理に鍼灸治療を勧めたり、鍼灸治療に来た方に無理に漢方薬の購入を勧めたりは致しませんので安心してご相談下さい。

【鍼灸治療代金】
治療費 4,000円。