急性膀胱炎

急性膀胱炎は、身体の構造的に男性より女性に多く見られる疾患で、殆どのケースが細菌に感染する事で膀胱に一時的に炎症が起こった状態です。
普段は細菌(主に大腸菌)に対する抵抗力があるため膀胱炎を発症する事は無いのですが、疲労やストレス、病気などで抵抗力が落ちていると感染しやすくなってしまいます。

症状としては、頻尿(トイレが近くなる)、排尿痛、残尿感、尿が白く濁るなどで、人によっては血尿や微熱が出る事もあります。
軽度の膀胱炎でしたら自然治癒する事もありますが、悪化すると腎盂腎炎になっている事があります。
高熱が出たり腰部の叩打痛がある時は腎盂腎炎が疑われます。症状が強い時は、早めに泌尿器科を受診しましょう。

治療は抗生物質の投与になりますが、この時に漢方薬を併用すると改善効果が一段と高くなります。

慢性膀胱炎

急性膀胱炎は抗生物質を一定期間服用すれば治まりますが、慢性膀胱炎になると西洋薬での治療が難しくなります。

慢性膀胱炎は、何らかの理由で免疫が落ちている為に繰り返して急性膀胱炎を起こしている事が多いです。
それ以外では、前立腺肥大や膀胱結石、尿路結石、糖尿病などの基礎的な疾患が原因となり起こっているケースもあります。
急性膀胱炎が女性が殆どなのに対して、前立腺肥大や結石、糖尿病などが原因となる場合は、男性の比率も高くなります。

急性膀胱炎の原因の殆どが大腸菌である事に対して、慢性膀胱炎では緑膿菌(りょくのうきん)、腸球菌(ちょうきゅうきん)、ブドウ球菌などの割合が高くなり、複数の細菌感染が原因となっているケースもみられます。
また慢性膀胱炎では、抗生物質がなかなか効かないために有効な治療が受けられず、症状が長引いてしまう事もあります。

免疫の低下により急性膀胱炎を何度も繰り返す、膀胱炎が慢性化してしまい抗生物質が中々効かない、このような症状に対しては漢方治療が効果を発揮する事が多いです。

間質性膀胱炎

間質性膀胱炎とは、細菌感染が無いにも関わらず頻尿や残尿感、膀胱の不快感、排尿痛、尿が溜まると下腹部が痛むなど症状が続く病態の事です。

細菌感染が原因ではありませんので、抗生物質での治療をしても効果はありません。
また検査をしても尿自体に異常はありません。
今のところ有効な治療薬は無く、痛みや不安感に対して抗うつ剤や安定剤を処方される事が多いようです。

膀胱粘膜の異常、自己免疫疾患、アレルギーによるもの、自律神経の異常などが考えられてきましたが、最近では膀胱粘膜の表面が何らかの理由により、持続的に炎症などの病変を起こす事が原因と考えられています。

ただしなぜそのような慢性的な炎症が起きるのかは、分かっていません。
あまりに辛い症状が続くため、手術によって膀胱自体の摘出を行う事もあるようです。

漢方治療は、西洋医学的な診断名や原因がはっきりしないものでも、体質や現れている症状に対する漢方薬で改善させて行く事が可能です。
漢方薬の服用を始めると、だんだんと不快な症状が改善をされてく事が多いです。
さらに症状消失後も一定期間服用を続けると、再発の可能性も極めて低くなると思われます。
間質性膀胱炎、無菌性の膀胱炎症状でお困りの方は、ご相談下さい。

間質性膀胱炎の症例

〇50代・女性
外陰部の違和感・痛みと下腹部に刺し込むような強い痛みがあり、病院で受けた膀胱水圧拡張術で点状出血が確認されたため「間質性膀胱炎」と診断を受けました。
膀胱水圧拡張術及び電気凝固術を受けましたが、症状が改善されないために漢方相談に来店されました。

強い痛みが一日中続き、鎮痛剤も効果があまり無いために、心身共にかなり消耗をされているように感じました。

膀胱に対する2種類の漢方薬をお出したところ、服用開始1ヵ月後には大幅な症状の改善が見られました。
下腹部の刺し込むような痛みは無くなり、外陰部の痛みも大幅な軽減がみられました。
違和感はまだ残っていますが、少しだけ軽くなったようです。

3カ月後
痛みのために仕事を辞めていましたが、アルバイトとして再開する事が出来ました。
下腹部や外陰部の痛みは消失しています。
仕事中などは忘れていますが、空いた時間などでは膀胱の事を気にしてしまいます。
排尿後は、30分ぐらい違和感が気になる状態が続いています。

半年後
この頃から、1日中膀胱の事が気にならない日が出てきました。
仕事中に3時間以上トイレに行かなくても、大丈夫になりました。
排尿後の違和感はありますが、以前に比べると早く落ち着くようになってきました。

9ヶ月後
間質性膀胱炎に伴う症状は、殆ど消失しました。
排尿後の違和感も無くなりました。
この時期から漢方薬の分量を減らし始めました。

13ヶ月後
漢方薬の量を1/3に減らしても症状が出る事が無かったため終了としました。

この方の漢方薬代金 2種類の漢方薬 1日あたり700円(税別)

〇40代・女性
数年前から膀胱の痛みやむずむずとした違和感、残尿感に悩まされています。
病院の検査では、大腸菌などの細菌感染は見つからず「間質性膀胱炎」との診断を受けています。

最近、特に症状が悪化してきたため、漢方相談に来店されました。
複数の泌尿器科や内科で検査を受けましたが、今回も大腸菌などの細菌感染は確認出来なかったようです。

抗うつ剤を処方されたようですが、悪心や倦怠感などの副作用が出たために服用を中止しています。
体質や症状に合わせて、2種類の漢方薬をお出ししました。

漢方薬を飲み始めると、1週間後には膀胱の痛みや違和感、残尿感に軽減がみられました。
1カ月後には、症状が起きる回数や痛み、違和感が大幅に減少して、とても調子が良くなってきていると喜んで頂きました。

漢方薬の服用2ヵ月後には、1ヵ月間のうちで3回ぐらい短時間だけ膀胱に違和感を感じただけで、殆ど症状が気になる事は無かったようです。

その後も順調に症状の改善が進み、服用開始から1年で漢方治療を終了しました。

この方の漢方薬代金 2種類の漢方薬 1日あたり650円(税別)

泌尿器疾患の症例

〇40代前半・男性
頻尿、陰部の違和感、排尿痛・残尿感のご相談です。
病院の検査では細菌感染は確認されませんでした。
念のためにと抗生物質を出されましたが効果は感じられないとの事です。

詳しくお尋ねすると過去に淋病に罹ったご経験がありました。
西洋医学的には考えられない事ですが、性感染症を抗生物質で治したにもかかわらず、何年もしてから疲労や加齢で免疫力が落ちる事で症状がぶり返してしまうケースがあります。

この方の場合も、仕事の忙しさと引っ越しなどが重なり肉体的にも精神的にも大変だったという事です。

漢方薬を飲み始めると1か月後には症状が大幅に軽減して、2か月後にはたまに違和感を感じる程度にまで改善しました。
ここで漢方薬を止めずに、症状が消失してからも半年程度服用を続けると、今後再発することは無くなると思います。

その他の頻尿・泌尿器疾患の症例はこちら

直接ご来店頂くのが一番望ましいのですが、遠方や事情で来店が難しい方にも対応しています。
まずは電話(0598-30-6525)かメールでご連絡下さい。