チョコレート嚢腫(のうしゅ)とは

子宮の内側にある内膜の組織が、子宮以外のところで増殖する事を子宮内膜症と呼びます。
チョコレートのう腫とは、子宮内膜の組織が卵巣内に出来る病態です。

生理が来ると子宮内膜が剥がれて出血をしますが、子宮内膜の組織が卵巣内に出来るチョコレートのう腫の場合は、出血しても出ていく事が出来ないため、卵巣内で血液が固まって大きくなりチョコレート嚢腫を形成します。

チョコレート嚢腫の主な症状

・月経過多
・激しい月経痛
・出血に塊が増える
・腹痛、腰痛、性交痛、排便痛など

また不妊症の原因にもなる事もあります。

チョコレート嚢腫の原因、治療法
月経血が卵管から卵巣内に逆流して、そのままとどまってしまうという説や、腹膜などが子宮内膜に変化する事で子宮内膜症が発症して、チョコレート嚢腫を形成するという説がありますが、今のところはっきりとした原因は分かっていません。

治療法は、手術により取り除く方法か、もしくはホルモン剤の服用によるものが一般的です。
ホルモン剤による薬物療法は、GnRH 誘導体や低用量ピルなどを用いる事で女性ホルモンの分泌を抑制して、閉経に似た状態を作り子宮内膜の増殖を抑えます。
ただし閉経に似た状態となるために更年期症状が出たり、骨粗鬆症などの副作用が現れる事があります。またホルモン剤を中断すると、再び症状が現れる事が多いです。
根本的な治療としては手術を行う必要がある事が多いです。

チョコレート嚢腫に対する漢方薬

卵巣の中に血が溜まっている状態を瘀血(血液の滞り)と捉えて、血の滞りを改善して血流を良くする漢方薬で改善に取り組むことが多いです。
瘀血とは、古血や血流の停滞に対してだけでなく、女性のホルモンのバランスの乱れも含まれる東洋医学の概念です。

使われる事の多い漢方薬
・桂枝茯苓丸
・桃核承気湯
・通導散など

手術やホルモン剤の長期服用に抵抗がある方は、漢方薬をお試し頂ければと思います。