機能性ディスペプシア(機能性胃腸障害)とは

機能性ディスペプシアとは、胃の痛みや胃もたれ、膨満感などの症状が続いているにもかかわらず、内視鏡検査などを行っても異常がみつからない病気です。

機能性ディスペプシアの主な症状
〇食後の胃もたれ
〇少し食べるだけでお腹がいっぱいになる
〇胸焼け、吐き気、げっぷ
〇みぞおちの痛みなど

胃自体には異常が無いため、胃の働き(食べ物の消化、十二指腸への輸送)に問題があると考えられます。
主な原因としては下記のものがあります。

〇ストレス
悩みや心配事があるため、胃が痛くなったり、食欲がわかない経験をした事のある方も多いと思いますが、胃はストレスの影響を受け易い臓器です。近年、機能性ディスペプシアでお悩みの方が増えている原因の一つに、ストレスが関係しているのは間違いないと思われます。

〇冷え
冷たい飲食物の摂り過ぎは胃を冷やし、胃の機能低下の原因となります。

〇過食、油物の摂り過ぎ
もともと胃が丈夫な方でも、暴飲暴食で胃に負担を掛け続けると胃の働きは低下します。

〇胆砂
胃自体に問題が無くても、胆砂がある事で油の消化不良が起こり、胃痛、胃もたれ、胸焼け、げっぷ、軟便などの原因となります。
食事の欧米化の影響で、胆砂を持っている方が増えているといわれています。

〇体質的な傾向
生まれつき胃腸が弱い方は、少し負担を掛けるだけで胃症状が起きやすくなります。

機能性ディスペプシアと漢方治療

消化器内科や胃腸科を受診すると、薬と一緒に「六君子湯」を処方される事が多いようです。
六君子湯は、もともと胃腸が弱い弛緩性体質の方が服用すると良く効く事もありますが、もちろん誰にでも効果があるわけではありません。

大切なのは体質的な傾向や症状の出方から、原因を正しく見極めて漢方薬を判別する事です。
また原因は一つでは無く、ストレスと冷え、過食と胆砂など複数の原因が関係している事もあります。

〇ストレスが原因の場合
心身の緊張や不安を緩めて、胃の働きを整える漢方薬が用いられます。
・半夏厚朴湯
・四逆散
・抑肝散
・柴朴湯
・柴胡桂枝湯
・苓桂朮甘湯
・茯苓飲
・安中散
・甘麦大棗湯
・桂枝加芍薬湯など

〇冷えが原因の場合
・人参湯
・安中散
・乾姜人参半夏丸など

〇過食、油物の摂り過ぎが原因の場合
・半夏瀉心湯
・平胃散
・大柴胡湯など

〇脾虚(胃腸の弱さ)が原因の場合
・六君子湯
・香砂六君子湯
・小建中湯
・桂枝加芍薬湯
・補中益気湯など

〇胆砂が原因の場合
・胆砂を溶かす煎じ茶

改善症例

30代・女性
3年前から胃の不快感、食欲低下、みぞおちの詰まり、げっぷが頻繁に出るなどの症状が続いています。
ちょうどその時期に、心労、ストレスが掛かる事が続いたようです。
ストレスを和らげ、胃の消化機能を高める漢方薬をお出ししました。

漢方薬の服用を始めて2週間頃から、少しずつ胃の不快感、みぞおちの詰まりが軽くなり始めました。
6週間後には、食後に2~3回げっぷが出るぐらいで、全ての上記症状が気にならなくなりました。
また同じ時期から悩まされていた不眠症状も無くなり、良く眠れるようになりました。

この方の漢方薬代金 1日あたり400円(税別)

20代・女性
5年前から、腹部膨満感、食後の胃痛、ガスが多いなどの症状が続いています。
今まで様々な治療を受けたり、薬やサプリメントを服用してきましたが、改善はみられなかったようです。
症状の出方から心身の緊張を緩める2種類の漢方薬を併用して頂きました。

漢方薬の服用を始めて2週間目には、便通が整い、腹部膨満感に軽減がみられました。
6週間後には過度に食べ過ぎた時だけ胃の重さと膨満感がありましたが、普段の生活の中では殆ど気にならなくなりました。

この方の漢方薬代金 1日あたり500円(税別)

30代・女性
空腹感の低下、食べたらすぐにお腹がいっぱいになる、腹部膨満感、胃もたれなどの症状が続いています。
体質的に脾虚(胃腸の弱さ)や冷えが伺えたために、六君子湯や人参湯などをお出ししましたが、少し良いぐらいであまり改善が進みませんでした。

何度か検討を繰り返し、最終的に自律神経を整えて、胃の働きを高める漢方薬で落ち着いてきました。
現在は食後の胃もたれや膨満感は殆ど消失しています。
空腹感も以前より出てきて、食べられる量も増えてきました。体重も増えてきたそうです。
適切な漢方薬を見つけるまでに時間はかかってしまいましたが、だいぶ調子は落ち着いてきていると思われます。

この方の漢方薬代金 1日あたり600円(税別)

漢方薬は、胃腸の調子を整えたり、働きを高める事は得意分野の一つです。
いつまでも続く、食欲不振や胃痛、膨満感、胃もたれでお悩みの方はご相談下さい。