多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは

たくさんの未熟な卵胞によって、排卵するべき主席卵胞が充分に成長出来ずに、排卵されないまま卵巣内に留まってしまう病態です。
排卵がスムーズに行われないために、月経不順、無月経を引き起こし妊娠の妨げになってしまいます。

卵巣内に卵胞がたくさん溜まってしまう「多嚢胞性卵巣」という状態に加えて①月経不順、無月経②血中の男性ホルモン値が高い③黄体形成ホルモン値が高いと「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診断されます。

また男性ホルモンが血中で増加することによる多毛、にきび、低音声などの男性的特徴が現れたり不正出血が起きる事もあります。

なぜ多嚢胞性卵巣症候群が起きてしまうのか、はっきりとした原因は分かっていません。
内分泌異常や糖代謝の異常だとする説などがあります。

多嚢胞性卵巣症候群の治療法

今のところ根本的な治療は見つかっていません。
排卵誘発剤を使って、排卵を促進する方法が多くとられています。

多嚢胞性卵巣症候群に対する漢方薬

基本的に卵巣周辺の血流の停滞、古血によって卵巣膜が硬くなった状態と考え、活血剤と呼ばれる血流を促進する漢方薬で改善に取り組むことが多いです。
病態が複雑な場合は、活血剤に加えて体質なども考慮に入れて適応処方を検討していきます。