慢性疲労症候群とは

原因不明の強い疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)に及び継続する病気です。
ストレスなどが原因となり神経系、免疫系、内分泌系のバランスが崩れることで起こるとも考えられていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

仕事や育児などはっきりとした疲労の原因がある場合は「慢性疲労」であり、慢性疲労症候群には当てはまりません。

日常生活に支障をきたすほどの極度の疲労感がありながら、はっきりとした原因が分からず、血液検査も含む全身の検査(ホルモンの異常、内臓や脳、神経系の検査など)でも明らかな異常が現れない状態を慢性疲労症候群と呼びます。

日本でも0.3%(およそ38万人)の人が慢性疲労症候群に罹患していると言われています。

慢性疲労症候群の症状

6ヶ月以上連続で慢性疲労の症状があり、疲労によって日常生活に大きな支障が出る事に加えて下記のような症状が伴う事もあります。
○微熱が続き、咽頭痛 や頭痛が伴ったり、頚部あるいはリンパ節が腫れる。
○全身または特定の部位に原因に心あたりのない筋肉痛が生じる。
○寝つけない、眠りが浅いといった不眠症状や、朝起きられなかったり日中に極度の眠気に襲われるといった症状がある。
○気分の落ち込みといったうつ症状や短期記憶や集中力の著しい低下が起こるなど。

慢性疲労症候群の治療法

症状に応じて、疼痛に対しては非ステロイド性抗炎症薬、うつ症状には抗うつ剤、不安症状に対しては抗不安薬、不眠には睡眠薬などが用いられます。
また補中益気湯などの漢方薬が積極的に使われる事も多くあります。

慢性疲労症候群と漢方治療

漢方薬では補剤と言われる体力を補う、身体に元気を与えるような漢方薬が使われる事が多いです。
・補中益気湯
・十全大補湯
・人参養栄湯
・黄耆建中湯など

また気持ちの落ち込みやうつ症状を緩和したり、自律神経のバランスを整える漢方薬も有効に作用することがあります。
・半夏厚朴湯
・桂枝加竜骨牡蛎湯
・抑肝散
・加味逍遥散
・帰脾湯
・香蘇散など

慢性疲労症候群という診断名に対して、誰が飲んでも効果のある万能薬のような漢方薬はありません。
大切なのは、一人ひとりの体質、症状に合った正しい漢方薬を選ぶ事です。

改善症例

30代・女性
1年程前から極度の倦怠感を感じるようになりました。
そのため仕事を続ける事が難しくなり、現在は休職中です。

主な症状として
・疲労倦怠感
・めまい、眼のかすみ
・過眠(12時間ぐらい寝てもなかなか起きられない)
・食欲の亢進などがあります。

体質的な傾向や過眠、食欲亢進といった症状から、1種類の煎じ薬をお出ししました。
漢方薬を飲み始めると、少しずつ体調が上向いてきました。
1ヵ月後には、疲労倦怠感に大幅な改善がみられ、めまいや過眠、食欲亢進などの症状も気にならなくなりました。
この方の漢方薬代金 1日あたり600円(税別)

体質・症状に合った漢方薬の服用を続けると、少しずつ体調が上向いてくると思います。
漢方薬の良いところは、長く服用しても病院の薬のような副作用が無い事です。
また体質に合った漢方薬の場合、疲労感や倦怠感だけでなく、うつなどの精神症状や不眠症状、原因不明の身体の痛みなどが1~2種類の漢方薬で一緒に改善していく事もめずらしい事ではありません。

慢性疲労症候群は、原因がはっきりしないために対症療法にとどまり、なかなか改善が進まない事も少なくありません。
このような症状には、漢方薬が効果を発揮する事が多くあります。
お困りの方はご相談頂ければと思います。