強迫性障害とは

強迫性障害とは、自分でもおかしいと分かっていても、その事が頭から離れない。分かっていても何度も同じ確認、行為を繰り返してしまう事で日常生活に支障が出てしまう病気のことです。

強迫性障害には「強迫観念」と「強迫行為」の2つの症状があります。
強迫観念とは、自分の意思に反して嫌なイメージや思考などが何度も繰り返し感じられるもので、強い不安や嫌な思いを伴います。
強迫行為とは、強迫観念による不安を打ち消すために、同じ行為を繰り返してしまうことです。
例えば不潔に思えて過剰に手を洗う、戸締りを何度も確認せずにはいられないなどです。

自分でもそんな事はおかしいと分かっていても止める事が出来ないのが特徴です。

〇強迫性障害の原因
脳内の神経伝達物質であるセロトニンの働きに異変が生じることが関係しているとの考えもありますが、明確な原因は分かっていません。
性格的には責任感が強く、まじめな人がなりやすい傾向があると言われています。

〇強迫性障害に対する漢方治療
当店の漢方治療では、強迫性障害は自律神経のバランスの乱れと捉えて改善に取り組んでいます。
瘀血(古血の停滞)や気滞(気の巡りの停滞)が原因になっているケースが多いように感じます。

強迫性障害の症例

〇70代・女性
トイレに行く度に髪の毛や手に尿がついたような気がして、毎回お風呂で洗わないと落ち着かないという症状でご相談に来店されました。
精神神経科も受診されており、複数の抗うつ剤や安定剤などを服用しています。

また症状が出だした頃から気力の低下があり、やる気が失われてしまったようです。
睡眠導入剤を服用していますが寝付きが悪く、便秘にも悩まされています。

血流を改善する漢方薬と心身の緊張を緩める漢方薬と補助剤をお出ししました。

漢方薬の服用を始めて1カ月後
寝付きが良くなり、睡眠導入剤を飲まなくても良く眠れるようになりました。
ただしトイレの後に汚れが気になる症状には変化はありません。

漢方薬を瘀血(古血の停滞)の改善作用のあるものに変更しました。

2カ月後
睡眠状態は良く、便通も安定してきました。
排尿後に髪の毛の汚れが気になるのは変わりませんが、手の汚れはあまり意識しなくなったようです。

補助剤を別のものに変更しました。

3カ月後
これまではトイレに入ると必ず気になっていたのが、ポツポツと少ないながら気にならない時が出てきました。
特に最近の1週間では4~5日続けて気にならない事が続いたようです。

4カ月後
この1か月間はトイレに入った後で、髪の毛の汚れが気になる事が殆ど無くなりました。
今まではトイレに行くのが嫌でしたが、気持ちよく行けるようになったと喜んでいらっしゃいました。

5カ月後
調子が良いので3種類出されていた抗うつ剤、安定剤を半分の量に減らしたようです。

6カ月後
抗うつ剤、安定剤など3種類の服用を止めましたが、変わらず調子は良いようです。
漢方薬の量も少しずつ減らしだしました。

7カ月後
漢方薬の量を三分の一に減らしましたが、変わらず調子は良いようです。
トイレの後で気になる事も無いため、漢方治療を終了する事が出来ました。

この方の漢方薬代金 1日あたり600円(税別)(体質、症状により代金は異なります)

強迫性障害は漢方薬で改善出来る事があります。困りの方はご相談下さい。

直接ご来店頂くのが一番望ましいのですが、遠方や事情で来店が難しい方にも対応しています。

まずは電話(0598-30-6525)かメールでご連絡下さい。