医療気功 糸練功(しれんこう)とは

糸練功は、医療気功の一つであり、筋力テストを基本とした「オーリングテスト(OT)」から延長発展した、「フィンガーテスト(FT)」と、「中国上海気功」を元に開発されました。

人間の身体には常に経気と言うエネルギーが流れており、症状の出ている患部や、疾病によって特定の箇所(反応穴)には必ず経気の乱れが生じます。

糸練功というのは、その経気の乱れを捉える事で患者さんの状態をより正確に判断したり、症状に対して漢方薬がどのように作用するのか前もって確認する事が出来る技術のひとつです。

糸練功を使う事により問診から割り出した患者さんの体質・症状に合うであろう複数の漢方薬の中から、どの漢方薬が一番適しているのかを選ぶ事が可能になります。それにより改善率や改善のスピードを大幅に良くする事が出来るようになります。
また漢方薬を飲む期間や服用終了後の再発の可能性なども把握する事が出来ます。

糸練功を応用する事で、健康のために飲んでいるサプリメントや健康食品が、本当に身体や症状に合っているのかのアドバイスも行っています。
健康のために熱心に摂っている物が、改善の足を引っ張っているという事も少なからずあるように思います。

糸練功を受けていると人によってはリラックスして眠くなる事もありますが、あくまで東洋医学の証(東洋医学上の体質や、どの治療法、どの漢方薬が合うか)を確認する為の技術ですので、糸練功を使って治療をする訳ではありません。
また糸練功は病気の診断をするものではありませんので、ご承知おきください。

松阪漢方堂では、伝統的な四診(望診、聞診、問診、切診)に加えて切診の一つである糸練功を使うことで病能を正確に捉えて、より効果の高い漢方薬のご提案が出来るように取り組んでいます。

また鍼灸治療においても糸練功を使うことで、より正確な経穴(ツボ)の位置をミリ単位で把握することが可能になり、鍼をする前から患者さんの症状に対して改善作用があるのかどうかを確認する事が可能になります。
希望される方には、改善効果を高めるためにご自宅で毎日ツボ灸をするようにアドバイスもしています。