子宮筋腫とは

子宮にできる良性の腫瘍の事です。
30~40歳の方に多く、3人に1人は子宮筋腫を持っていると言われていますが、最近では20代で子宮筋腫が見付かる方も増えてきています。
子宮筋腫があると、筋腫が出来る位置によって様々な症状の原因となります。

子宮筋腫の種類

筋腫が出来る場所によって「筋層内筋腫」、「漿膜下(しょうまくか)筋腫」、「粘膜下筋腫」に分類されます。

〇筋層内筋腫
子宮筋の中に出来る筋腫です。子宮筋腫の中では一番多いと言われています。
大きくなると子宮内膜に影響を及ぼし、子宮の収縮を妨げ「月経過多」を引き起こします。
不妊症や流産の原因となる事もあるようです。

〇漿膜下(しょうまくか)筋腫
子宮の外側に向かって大きくなる筋腫で、自覚症状があまり見られません。
そのため筋腫が大きくなるまで、気づかないことが多いようです。
あまり大きくなり過ぎると他の臓器を圧迫するため、頻尿や腰痛などの症状がでることもあります。
しかし小さければ妊娠や出産に問題ない場合が多いです。

〇粘膜下筋腫
子宮の内側にできる筋腫です。
粘膜下筋腫は、小さくても症状が出やすい筋腫です。
月経過多や不正出血、重い生理痛などの自覚症状が現れやすく、不妊症の原因になる事も多いです。

子宮筋腫の原因と症状

はっきりとした原因は分かっていませんがエストロゲン(卵胞ホルモン)が関係していると言われています。
閉経すればエストロゲンの分泌がなくなるため、自然に縮小していく事が殆どです。

子宮筋腫の症状

〇月経過多とそれに伴う貧血症状(倦怠感、めまいなど)
〇生理痛、腰痛
〇臓器の圧迫による頻尿、尿閉、便秘など
〇筋腫が出来る場所によっては不妊症の原因になります

子宮筋腫に対する漢方治療

東洋学的では子宮筋腫を多くの場合「瘀血」として考えます。
瘀血とは、古血や血行不良が原因で引き起こされる病態の事です。
そのため活血剤と呼ばれる血流を改善する漢方薬で改善に取り組む事が多いです。

代表処方
〇桂枝茯苓丸
〇桃核承気湯
〇折衝飲
〇温経湯など
これらの処方に塊を解すといわれるヨクイニンや、便通を整える大黄などを組み合わせる事が多いです。

子宮筋腫の症例

①40代・女性

1週間ほど前に病院の検査で子宮筋腫を指摘され、また同時期から下腹部の痛みが続いています。
筋腫の大きさは10センチ以上あり、変性を起こしているため手術で取り除く予定です。

それまでに下腹部痛を何とかしたい事と、少しでも筋腫を小さくしたいとのご相談でした。

腹痛の改善と筋腫の縮小を目的に漢方薬をお出ししました。
また子宮筋腫と関係していると思われるツボに印を付けて、毎日自宅でお灸をして頂くようにしました。

漢方薬の服用開始3日目ぐらいから腹痛の改善がみられ、1週間後に来店された時には1日3回飲んでいた鎮痛剤を1日1回に減らしても大丈夫になっていました。

服用開始3週間後に来店された時には、腹痛は消失しており鎮痛剤も必要無くなっていました。
またお腹を触った感じでは、筋腫も少し小さくなっている気がするとの事でした。

その後も腹痛が起きる事はなく、4ヶ月後に予定通り手術を行いました。

この方の漢方薬代金 1日あたり 瘀血に対する漢方薬 550円(税別)

②40代・女性

3年程前から、子宮筋腫が原因と思われる症状に悩まされています。

主な症状として
〇生理痛、出血過多
〇生理前の頭痛、便秘、お腹の張り、睡眠障害、排尿障害
〇生理後のふらつき、集中力の低下
〇髪がたくさん抜けるなどです。

生理期間は、2週間ぐらい続く事が多いです。出血量もかなり多いようです。

筋腫の縮小と生理に関する症状の改善を目的に漢方薬をお出ししました。

漢方薬を飲み始めると次の生理から、生理前の頭痛やお腹の張りに軽減が見られました。
また生理痛も、今までに比べるとかなり軽かったようです。

漢方薬を飲みだして3カ月後
〇頭痛はだいぶ落ち着き、鎮痛剤を飲む事が殆ど無くなりました。
〇抜け毛も全然気にならなくなりました。
〇生理前の排尿障害も軽減してきました。睡眠状態も以前と比べると安定しているようです。
〇生理期間も短くなり、以前に比べると出血量も大幅に減ってきたため身体も楽になりました。

お腹の張りや頭痛、生理痛は完全に無いわけではありませんが、漢方薬服用前に比べると大きく改善されているご様子です。

この方の漢方薬代金 1日あたり 700円(税別)

子宮筋腫に伴う症状は、漢方薬で改善出来る事が多いです。
また子宮筋腫自体は、漢方薬で必ず縮小するとは限りませんが、小さくなったり中には完全に消失する方もいます。

子宮筋腫でお困りの方は、漢方薬をお試し下さい。