冬に起こる痔核の脱出と痛み(30代後半・女性)

12月上旬に毎年冬になると硬い痔核が出てきてしまい、戻す時に痛みがあるとご相談を受けました。

今年も11月ぐらいからだんだんと痔核の脱出が目立つようになり、12月入ると脱出部分が戻り難くなり痛みも出てきてしまったご様子です。

痔核は、漢方では身体下部の血流の停滞と捉え、血流を改善する漢方薬を出すことが多いです。
また普段から良く歩く、湯船に浸かるなど血行を促進するように気を付けると改善が早くなる傾向があります。

漢方薬の服用を開始して2週間後

まだ脱出の回数などに変化は無いが、脱出部分が少し柔らかくなった気がするとの事です。

糸練功で確認すると少し改善の反応が鈍いように感じたため、エキス剤から改善効果の高い煎じ薬に変更しました。

漢方薬は、種類によって煎じ薬の方が改善効果の高いものや、煎じ薬とエキス剤でそこまで効果が変わらないもの、散剤(粉薬)が一番効果の良い物など色々と違いがあります。

煎じ薬に変えて更に2週間後

漢方薬を飲む前は、少し力を入れたり、料理を作るために台所に立っているだけでも脱出してしまう事が増えていました。
今は排便時などに少し脱出する事はありますが、すぐに戻るために痛みもなくそれ以外の普段の生活では脱出が無くなっています。

冬場だけの脱出ということで比較的症状が軽かったためか、とても順調な改善を見せています。
現在は調子が良い事と仕事が忙しく煎じ薬を続けるのが難しいために、エキス剤の服用に戻して様子を見ています。

このまま漢方薬の服用を続けて、痔核の原因と考えられる血流部分をきちんと改善しておけば、次の冬以降は痔核の症状に悩まされる事が無くなる可能性はとても高いと思います。

この方の漢方薬代金 2週間あたり エキス剤 5040円(煎じ薬の場合 7000円) 補助剤 1120円(代金は症状・体質により異なります)