腹圧性尿失禁とは

せきやくしゃみをした時など、お腹に力が入った瞬間に尿がもれてしまうのが、腹圧性尿失禁です。
腹圧性尿失禁は、尿道を支えている骨盤底筋や尿道括約筋が弱くなったために起こります。

老化や運動不足による筋力の低下、肥満、出産による骨盤底筋の緩みなどが原因になります。

軽度な腹圧性尿失禁の場合は、骨盤底筋トレーニングを行い、骨盤底筋を鍛えると改善出来る事があります。

それでも思うような改善が見られない場合は、筋肉を引き締めて、引き上げる効果のある漢方薬を服用すると骨盤底筋トレーニングの効果が出易くなります。

この場合はエキス剤よりも煎じ薬の方が効果は高いです。

腹圧性尿失禁以外にも、尿漏れの原因として切迫性尿失禁があります。
切迫性尿失禁は、排尿に関する自律神経のバランスの乱れが原因の事があり、その場合は過活動膀胱に対する漢方のアプローチで改善する事が多いです。

骨盤底筋の筋力低下によって、咳やくしゃみ、ちょっとした動作で尿漏れを起こしてしまうと、日常生活への影響も大きくなってしまいます。

骨盤底筋トレーニング+漢方薬の服用で、尿漏れが改善する事は少なくありません。
電話やメールでのご相談から漢方薬の郵送も行っています。

お困りの方はご相談下さい。