腹圧性尿失禁とは

せきやくしゃみをした時や身体を動かした時など、お腹に力が入った瞬間に尿がもれてしまうのが、腹圧性尿失禁です。
腹圧性尿失禁は、尿道を支えている骨盤底筋や尿道括約筋が弱くなったために起こると考えられています。主な原因に老化や運動不足による筋力の低下、肥満、出産による骨盤底筋の緩みなどがあります。

軽度な腹圧性尿失禁の場合は、骨盤底筋トレーニングを行い、骨盤底筋を鍛えると改善出来る事があります。

それでも思うような改善が見られない場合は、内臓の筋肉を強めて引き締める作用のある漢方薬によって改善出来る事があります。

腹圧性尿失禁以外にも、尿漏れの原因として切迫性尿失禁があります。
切迫性尿失禁は、排尿に関する自律神経のバランスの乱れが原因の事があり、その場合は過活動膀胱に対する漢方のアプローチで改善する事が多いです。

尿漏れにお悩みの中高年者は意外と多いと言われています。また30代や40代の女性でも出産がきっかけとなり尿漏れが続いてしまう事があるようです。

尿漏れによって行動が制限され、日常生活への影響が大きくなってしまう事も少なくありませんが、漢方薬で改善出来る事は多いと思います。
また改善に用いる漢方薬は身体を元気にする事で膀胱を含めた内臓筋を強くする作用のあるものが多いです。
そのため尿漏れや頻尿の改善と一緒に胃腸の調子が良くなったり、疲れ難くなったり、冷え性が改善するといった事も珍しくはありません。
加齢による過度の機能低下に対する予防効果のある漢方薬を用いる事も多いです。このように症状の改善と一緒に全体的な体調が良くなる事が多いのも漢方薬の良さだと思います。

改善症例

〇70代・女性
急に立ち上がったり、お腹に力が入るとすぐに尿が漏れてしまいます。
そのため普段から尿漏れ用の下着を着用しています。
過去に下腹部の大きな手術の経験があり、掛かりつけの医師からは手術の後遺症のため治る事は無く、うまく付き合っていくしか方法は無いと言われているようです。
膀胱の筋肉の弱りを改善する漢方薬をお出ししたところ最初の2カ月間は殆ど変化はありませんでした。
服用3カ月目から尿が漏れる頻度が大幅に減り始めて、日常生活がずいぶんと楽になったようです。
この方の漢方薬代金 1日あたり700円(税別)

〇60代・女性
階段を上がったり散歩をしている途中に尿が漏れる事が段々と増えてきたため、漢方薬で改善したいとの御相談がありました。
遠方の方のため膀胱機能を高める漢方薬と膀胱の筋肉を引き締める作用のある漢方薬の郵送で対応したところ、服用を始めて1カ月後には殆ど気にならなくなったようです。
この方の漢方薬代金 1日あたり600円(税別)

ご来店頂くのが望ましいですが、遠方や事情でご来店が難しい場合は電話(0598-30-6525)やメールでのご相談にも対応しています。
尿漏れや頻尿でお困りの方はご相談下さい。