腰痛・坐骨神経痛の原因

痛みの程度に差はあっても、腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はとても多くいると思います。
中にはある程度痛みがあってもしょうがないと諦めている方もいると思いますが、腰痛・坐骨神経痛は、漢方の得意分野のひとつです。
漢方薬で体質改善をすることで、痛みの無い日々を取り戻すお手伝いが出来ればと考えています。

神経痛や腰痛には様々な原因があり。また複数の原因から起こっていることも多々あります。
脊椎の異常(椎間板ヘルニアや脊椎分離症やすべり症、脊中管狭窄症など)
筋肉の異常(筋肉の過緊張や筋力の不足、生活習慣による筋肉の冷え、疲労)
外傷性(ぎっくり腰、骨折、打撲、捻挫、靭帯損傷など)
他にも腫瘍や内臓疾患が原因となるケースもあります。

また脊椎や筋肉に目立った異常が無いのに辛い痛みが続く腰痛には、精神的なストレスなどが原因になっている心因性腰痛の事もあります。

漢方では、腰痛の原因に応じて、骨を強めて神経痛を改善する漢方薬や血流を促進する漢方薬、筋緊張を緩める漢方薬などで改善に取り組みます。
また心因性腰痛では、ストレスによる身体への影響を和らげて、知覚神経のバランスを整える漢方薬を使用します。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、病名ではなく症状を表す言葉です。何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで生じる臀部や下肢の痛みや痺れなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症による神経圧迫により起こる事が多いですが、梨状筋(お尻の筋肉)の緊張、仙腸関節(骨盤)の歪みなどが問題となることもあります。
漢方治療を行うと段々と痛みが軽くなり、痺れが足先の方に移っていき、最終的に指先から抜けて治療終了となります。

腰痛・坐骨神経痛の治療期間の目安は、個人差はありますが半年前後で症状の改善状態を見ながら漢方薬の分量を減らしだして、1年前後で治療終了となる事が多いです。

漢方薬で腰痛・坐骨神経痛の原因部分を改善すると、よほど無理を重ねたり、別の原因で新たに傷めない限りは再発の可能性は極めて低くなります。痛みを根治出来る事は、漢方薬の大きな特徴の一つです。

松阪漢方堂では、症状に応じてツボへの刺激やキネシオテープによるテーピングを併用する事で、少しでも早く症状が改善して、治療期間も短く出来るように取り組んでいます。

腰痛・坐骨神経痛の症例

症例①50代後半・男性
3ヵ月程前に仕事の関係で腰に負担をかけて以来、デスクワークに戻っても腰と右足の痛み、痺れが続いており、病院で坐骨神経痛と診断をされました。

症状の出方や糸練功の結果から、腰痛や坐骨神経痛に使う事の多い2種類の漢方製剤をお出したところ、1週間後には腰から右足の痛みが大幅に軽減をしました。

2週間後には痛みは無くなったために、毎日3錠飲んでいた鎮痛剤2錠に減らし、3週間後には1錠に、5週間後には服用しなくても大丈夫になりました。

2ヵ月後には右下肢全体にあった痺れが、右足首周辺にまで降りてきました。

3か月後には足先がわずかに痺れる程度にまで改善しました。

その後は症状消失後も再発防止のためにしばらく服用を続けて頂き、漢方薬の服用期間8カ月で治療終了となりました。

この方の場合は漢方薬と併用してツボへの刺激も併用しましたが、思いのほか改善が早く進んだケースです。

腰痛や膝関節痛などの痛みの疾患には、漢方薬とツボ刺激の併用がとても効果的なケースが多くあります。

この方の漢方薬の代金
坐骨神経痛に対する2種類の漢方製剤 1日あたり 580円(税別)

症例②70代前半・女性
病院での診断名は椎間板ヘルニアと脊中管狭窄症による腰痛・坐骨神経痛で、8年程前から痛み、痺れがあり長く座り続ける事が出来ません。今までブロック注射を30回以上打ってきましたが、思うような改善は見られなかったとの事です。

糸練功でお調べして骨を原因とする神経痛に作用する漢方薬をお出ししました。服用を続ける事で骨粗そう症も改善する働きがあります。

服用3ヶ月程で痛み、痺れの大幅な改善を感じるようになりましたが、痛みが軽くなるとついつい無理をしてしまい症状がぶり返す状態が続きました。
服用開始9ヶ月ぐらいから、痛みや痺れが全然気にならない日が増えてきました。

1年半漢方薬の服用を続けて、日常生活で痛み、痺れが気になる事は殆ど無くなったため漢方薬をお止めになりました。

症例③60代前半・男性
1年程前から起床後しばらく左側の腰から太腿部(ふともも)を中心に強張りや痛みがあります。また日中に無理をしても痛みが出る事があります。

起床後の痛み、強張りは瘀血による血流の停滞が関係していると考えられます。
また日中の痛みは骨に原因があるようです。

血流改善の漢方薬と骨に作用する漢方薬をお出ししたところ、服用開始から8ヶ月程になりますが、治療開始時と比べて大幅に改善しているご様子です。

症例④70代前半・女性
起床後しばらく腰に強張りや痛みを感じてすぐに動く事が出来ません。
また夕方からは背中に強張りを感じてしまいます。

腰の痛みは血流、背中の強張りは骨と筋肉に問題がありそうです。
金銭的な問題もあり、まずは起床時の腰の痛みに絞って漢方薬をお出ししました。

また腰の痛みに関係するツボに印をつけて、自宅でツボ灸をして頂きました。

お灸の併用で効果が増したのか、かなり順調に改善をして3ヵ月程の服用で痛みを全然感じなくなりました。
再発防止のためにもう1ヵ月飲んで頂き、現在は背中に対して漢方薬と自宅でのお灸で取り組んでいます。

背中の治療を開始して1ヵ月程ですが、現在は痛みが半分ぐらいにまで軽減しています。

この方の漢方薬代金
最初の腰に対する漢方薬 1日あたり 400円(税別)
現在の背中に対する漢方薬 1日あたり 2種類の漢方薬 700円(税別)

腰痛治療を早く進めるためのポイントの一つは、改善途中に痛みが大幅に楽になる日が出てきても、症状が安定するまでは無理をしない事が大切になります。
その他の腰痛・坐骨神経痛の症例はこちら