最高血圧160、最低血圧が90~100ある方から血圧を下げたいというご相談がありました。
現在は内科で処方された降圧剤を服用していますが、降圧剤は薬の力で一時的に血圧を下げるだけの効果しかありませんので、結果的に服用を続けなければならなくなる事が多いです。
降圧剤を服用すると最高血圧140~150、最低血圧80~90ぐらいまで改善します。
身長159センチ、体重60キロでしっかりした体格をしています。

漢方薬の服用を開始して、2ヶ月後最高血圧は130まで下がりましたが、最低血圧は90~100あり高いままです。
再度漢方薬を見直し、最低血圧の改善に対して使われる事の多い漢方薬を追加してお出ししました。
1か月後には最高血圧130、最低血圧87に改善、更に1ヶ月服用を続けて最高血圧130、最低血圧75前後で安定した為漢方治療を終了しました。

漢方薬には正常化作用があります。
例えば黄連解毒湯証の高血圧の方が黄連解毒湯を飲むと血圧を下げる事が出来ますが、同じ黄連解毒湯を血圧が正常で不眠症の改善に用いた場合、不眠症は改善しても血圧が下がる事はありません。
このように病的な状態に作用しながら身体のバランスを整える事が出来るのも漢方薬の魅力の一つだと思います。