アレルギー性鼻炎による鼻詰まり(40代・女性)

もともと花粉症でしたが、病院から処方された小青竜湯の服用で朝方の鼻水だけで落ち着いていました。
ところが数日前から急に酷い鼻詰まりが起きるようになってしまいました。

夜になると鼻詰まりが酷くなり、点鼻薬をしても全然効果がありません。
そのため口呼吸しか出来ずに、眠れなくなってしまいました。

急に鼻詰まりが起きたという事は、鼻の粘膜に炎症が起こり腫れていると考えられます。

炎症性の浮腫みを改善する漢方薬と、アレルギー症状を抑える漢方薬をお出ししたところ、

数日で強い鼻詰まりが軽減して、夜も今まで通り眠れるようになりました。

 

通年性アレルギー性鼻炎(30代・女性)

子供の頃からアレルギー性鼻炎があり、鼻水、くしゃみ、目の痒みなどの症状が1年中あります。
問診や糸練功の結果から、利水作用のある2種類の漢方薬を併用して頂く事にしました。

また水分や冷たい飲料水の飲み過ぎ、果物の食べ過ぎは控えて頂くようお伝えしました。

漢方薬を飲み始めて2週間後には少し良いかな?というぐらいでしたが、3週間後にはかなり症状が軽くなってきたようです。
くしゃみは出る事が無くなり、鼻水も朝に数回鼻をかむだけで落ち付くようになりました。

花粉症やアレルギー性鼻炎は、漢方薬で比較的早く効果が出る事が多いです。
また症状がある程度落ち着いた後も、一定期間服用を続けて体質が変われば、漢方薬を止めた後も再発しにくくなります。

アレルギー性鼻炎でお困りの方は、ご相談頂ければと思います。