小学生・女子

毎年2月から3月にかけて、鼻水、目の痒みが酷くなるため、漢方薬の相談に来店されました。
幼稚園に入った頃から花粉症状が出始めて、もう6年ぐらいになります。

今までは耳鼻科で処方される薬を飲んでいました。
去年から他店で漢方薬を飲み始めましたが、あまり効果を感じられなかったようです。

体質的な傾向や糸練功の反応から、1種類の漢方製剤をお出ししました。
秋口ぐらいから漢方薬の服用を始め、例年なら症状が出ている2月末になっても鼻水や目の痒みは起きませんでした。

このまま花粉の時期が過ぎてくれればと思っていましたが、3月半ばになると、目の痒みはありませんが、鼻水が増えてきました。
そのため改めて糸練功で漢方薬を合わせ直して、もう1種類の漢方薬を併用して頂く事にしました。

漢方薬を変更すると、すぐに鼻水も殆ど出る事がなくなったようです。
そのまま4月後半まで服用を続けて頂き、花粉の時期も過ぎたため漢方薬も終了としました。
また来年の花粉時期に合わせて、秋ぐらいから服用を再開する予定です。

途中で漢方薬を合わせ直しましたが、例年に比べて大幅に花粉症状は軽く済んだようでした。

この方の漢方薬代金 2種類の漢方薬 1日あたり 350円(税別)(体質、症状により代金は異なります)

 

子どもの花粉症は増加傾向で、5~9歳の5人に1人が花粉症ともいわれています。
花粉症になると集中力が低下して、勉強に影響が出てしまうケースが多々あります。
また鼻詰まりが酷いために、夜も充分に眠れず、睡眠不足に悩まされる事もあります。

松阪漢方堂では、花粉症に効果が高い漢方製剤を取り扱っています。
味にくせが無いため、子供でも飲みやすいと思います。
花粉症でお困りの方は、眠気や倦怠感、依存症などの副作用が無い、漢方薬をお試し下さい。