友人から食事をするとすぐに下痢をするようになってしまったとの相談を受けました。
2日前から下痢が始まり、初日は吐き気・腹痛あり。お腹がグルグルと鳴ります。
最近過食気味で、その日も夕食を食べ過ぎたのが原因かもしれないとのことです。

現在は吐き気や腹痛はあまり無いが、少しでも食べるとすぐに水のような下痢になってしまうので食事もお粥ぐらいに控えています。
それでもすぐに出てしまうようです。
近所の友人という事で、まずは1日分漢方薬を飲んで貰いましたが、少し良い気がするがやはり食べると下痢をしてしまいます。

そこでもう一度見直して、同じ少陽病の陽証に作用する別の漢方薬を飲んで貰ったところ、次の食事から食後の下痢が止まり、翌朝の便にも形が出てきたと報告がありました。

そのまま治れば良かったのですが、安心して漢方薬を飲むのを止めたらまたすぐに元に戻ってしまいました。
同じ漢方薬を4日分渡し、症状が落ち着いてからも3日間服用を続けて貰ったところ、ぶり返す事もなく無事落ち着きました。

今回のケースのように、漢方薬も症状の出始めの早い段階で飲むと、すみやかに症状が消失する事があります。
ただし長く続いている症状や根の深い症状は、腰を据えて服用を続けて頂く必要があります。