1週間ほど前に病院の検査結果で子宮筋腫を指摘され、また同時期から下腹部の痛みが続いているとのご相談がありました。
子宮筋腫には変性が起こっており、そのために腹痛も起こっているとの診断を受けています。

筋腫の大きさは10センチ以上あるために手術で取り除く予定ですが、それまでに少しでも縮小させたいとのご相談でした。

漢方薬では、駆瘀血剤と呼ばれる血流改善作用のある漢方薬で子宮筋腫が縮小する事が多く、時には完全に消失する事もあります。

また子宮筋腫に伴う腹痛などにも、高い効果を発揮する事が多くあります。

主な駆瘀血剤は、「桃核承気湯」、「通導散」、「桂枝茯苓丸」、「折衝飲」、「温経湯」、「芎帰調血飲」などです。

腹痛の改善と筋腫の縮小を目的に、糸練功で駆瘀血剤の中から改善に適していると思われる漢方薬を選んでお出ししました。

また子宮筋腫と関係していると思われるツボに印を付けて、毎日自宅でお灸をして頂くようにしました。

漢方薬の服用開始3日目ぐらいから腹痛の改善がみられて、1週間後に来店された時には、1日3回飲んでいた鎮痛剤を1日1回に減らしても大丈夫になっていました。

服用開始3週間後に来店された時には、腹痛は消失しており鎮痛剤も必要無くなっていました。
またお腹を触った感じでは、筋腫も少し小さくなっている気がするとの事でした。

手術予定日までに少しでも筋腫が小さくなるように、出来れば手術の必要が無くなるように取り組んでいきたいと考えています。

この方の漢方薬代金 1日あたり 瘀血に対する漢方薬 550円(税別)(体質・症状によって代金は異なります)