首から肩にかけての圧迫感・強張りや強い頭重感、手のしびれなどがあり、病院からは頚椎6番と7番のずれによる頚椎ヘルニアと診断されています。

また頭を動かすとくらっとするようなめまいがあり、特に緊張する場面では悪化しやすいとの事です。

それ以外にも暖かい部屋に入るとのぼせ易い、眼や口が乾燥し易いといった症状もあります。

問診や症状の出方、糸練功の結果から、自律神経のバランスを整える事でめまいを改善する漢方薬と、頚椎の異常を改善する漢方薬をお出ししました。

めまいに対する漢方薬は、血虚を補い、水の偏在を調整する働きもあるために、眼や口の渇きに対する改善も期待出来ます。

漢方薬を飲みだして1ヵ月後
頭重感や首、肩の強張り、圧迫感が、だいぶ軽減をしてきています。
手のしびれは感じなくなりました。

頭を動かした時に起こるめまいも10→3ぐらいの自覚症状に軽減しています。
眼や口の乾燥も軽くなり、目薬をさす回数が減ってきたとの事です。

2ヵ月後
首、肩の強張りは、更に軽くなり、以前ほど気にならなくなってきました。
頭重感も10→2ぐらいに減ってきています。

頭を動かした際のめまいは、起きなくなりました。
そのため車の運転中に、振り向いて後ろを確認するのが怖くなくなったと喜んでいらっしゃいました。

まだ症状は安定していないと思われますが、漢方薬の服用を続けていくと、調子を崩した時もめまいが起きにくい体質に変わっていくと思います。

頭を動かした時に起こる「めまい」には、自律神経のバランスの乱れによる脳血流の低下が原因のものと、何らかの原因で脳血流が阻害される事で起こるものがありますが、どちらも漢方薬で改善出来る事が多いです。

この方の漢方薬の代金 2種類の漢方薬 1日あたり 600円(税別)(体質・症状によって代金は異なります)