5年程前から、生理前と排卵前に腹部の張りや浮腫みが起きるとのご相談がありました。

また片頭痛やめまいは、普段から起きる事がありますが、特に生理前、排卵前に起こり易い傾向があります。
頭痛は、市販の鎮痛剤があまり効かず、吐き気が伴う事が多いです。

病院では「月経前症候群」との診断を受けています。
他院で3ヵ月程、加味逍遥散を服用しましたが改善は見られなかったとの事でした。

症状の出方や糸練功の結果から、瘀血と水滞による症状と思われました。
そのため血流を改善する作用のある漢方薬と、水分の偏在を改善する作用のある漢方薬をお出ししました。

漢方薬を飲み始めて1か月後
片頭痛とめまいの起きる回数が減り、症状も軽くなっています。
生理前、排卵前のお腹の張りも軽く、浮腫みは殆ど気になりませんでした。

2ヵ月後
生理や排卵前の片頭痛やめまい、浮腫みは起きていません。
お腹の張りも、以前に比べると殆ど気にならないぐらいでした。

頭痛が無いために、最近は鎮痛剤を飲む事も無くなっているご様子です。

この方の場合は、とても順調に症状の改善が見られています。
この調子で瘀血と水滞を起こし易いという体質部分を改善していくと、一段と症状が安定して再発防止になると考えられます。

この方の漢方薬の代金 2種類の漢方薬 1日あたり 600円(税別)(体質・症状によって代金は異なります)