眩暈(めまい)、吐き気の症状が頻繁に起こり、病院ではメニエール病と診断を受けている女性から相談を受けました。
漢方の見立てでは、胃を中心とした内臓の冷えに原因があるようです。

食養生として、冷たい飲み物や身体を冷やす作用のある苦味の強い食べ物、アクの強い食べ物は控えるようにお伝えしました。

服用後1か月ぐらいから症状の軽減がみられ、その後は順調に改善が進みました。

漢方薬の飲み忘れが増えた事により改善が停滞する時期もありましたが、眩暈、吐き気共に起こる事がなくなったため漢方治療を終了する事が出来ました。

内臓の冷えが、眩暈や吐き気、頭痛の原因となる事があります。
そのような場合は、温める漢方薬の服用と冷たい飲料水を控える事で順調に改善が進む事が多いです。