①50代・女性

数日前から、めまいが起きるようになったとのご相談がありました。
立ち上がったり、振り向くなどで頭を動かすと、クラクラするようなめまいが起きてしまいます。
まためまいの影響か、胃が気持ち悪い感じがして食欲もありません。

東洋医学的には春先に起こりやすい、気の発散がうまく出来ない事で起こるタイプのめまいのようです。
気の発散作用のある漢方薬と補助剤をお出ししました。

2週間後に来店された時には、すっかり調子は戻ったご様子でした。
漢方薬を飲み始めて3日目から、めまいは起きなくなったようです。

念のためもう2週間分お出しして、めまいに対する漢方治療を終了としました。

漢方薬代金 1日あたり630円(税別)

①60代・女性

3日前から、立ち上がったり、頭を動かすとクラクラするめまいが起きるようになりました。
動くとめまいがするので、外出するのも怖くなってしまうとの事です。

同じく気の発散作用のある漢方薬と補助剤をお出ししたところ、2日後には殆ど気にならなくなりました。
念のため3週間服用を続けて頂き、漢方治療を終了としました。

その後別の症状で漢方薬の服用を続けて頂いていますが、めまいはその後も起きる事は無いようです。

漢方薬代金 1日あたり630円(税別)

どちらの方も症状が出だして数日しか経っていない事もあり、速やかな改善となりました。

春先は冬眠していた動物が活動を始めたり、木々が新芽を出すように気の巡りが活発になる時期です。
この時期に心身の不調から気をうまく発散する事が出来ないと、身体上部に滞った気によって「めまい」が引き起こされる事があります。

春先に毎年めまいを起こすというような方は、体質的に気の発散が苦手なタイプの方が多く見受けられます。

このタイプのめまいは、漢方薬が良く効いて短期間で改善出来るケースも多いです。
ただし体質が深く関わるめまいや長く続く拗れためまいは、じっくりと腰を据えて漢方薬の服用を続けて頂く必要があります。

めまいでお困りの方はご相談下さい。