中学生・女性

起立性調節障害のご相談がありました。

主な症状として
〇起床時や食後、入浴後に気持ちが悪くなる
〇朝起きるとくらくらする
〇急に立ち上がるとめまいがする
〇少し動いただけで息があがるなどがあります。

それまでは元気に運動部で活動していたのですが、2ヵ月程前から急に症状が現れるようになりました。
そのため部活動の参加も難しくなってしまいました。
病院で出された薬を服用していますが、症状に変化はみられないようです。

起立性調節障害は、自律神経の調節が乱れる事で脳内血流が低下してしまう自律神経疾患です。
症状の出方や糸練功の反応から、自律神経を整える事を目的に2種類の漢方薬をお出ししました。

服用開始3週間後
漢方薬を飲み始めて1週間頃から、調子の良さを感じ始めたようです。
学校にも毎日通えるようになりました。
立ち上がった際のめまいや気持ちの悪さ、息切れなどの症状が軽くなってきたようです。

5週間後
自覚的な症状が10→4ぐらいに減ってきました。
部活も軽いメニューなら参加出来るようになりました。
改善を早めるために、身体を元気にする補助剤を併用して頂く事にしました。

2カ月後
朝方のめまいが、だいぶ落ち着いてきました。
ただし早起きをすると、まだ症状は出てしまうようです。

部活も参加出来る割合が増えてきました。

2カ月半後
順調に改善していましたが、胃腸風邪をひいてからめまいが起きるようになってしまいました。
今までの起立性のめまいと違い、授業中に座っているだけでふわふわしてくるようです。

補助剤を風邪後のふわふわするめまいに対するものに変更しました。

3ヶ月後
前回の補助剤の変更後、間もなくふわふわするめまいは落ち着いたようです。
部活にも殆ど参加出来るようになりました。
だいぶ調子が良くなっていたのですが、激しい練習に参加してから、運動後にしばらくめまいや気持ちの悪さが起き易くなってしまいました。

4ヶ月後
運動後のめまい、気持ちの悪さも起きなくなり、起立性調節障害に関する症状は殆ど気にならなくなりました。
部活も以前のように、全てのメニューに参加出来るようになりました。

5ヶ月後
引き続き良い状態が続いています。
朝練で早く起きても大丈夫です。
この時期から漢方薬の分量を減らし始めました。

その後は漢方薬の量を減らしながら再発防止を目的に服用を続けて頂き、服用期間8カ月間で漢方治療を終了しました。

症状が出だしてから2ヵ月程しか経っていない事もあり、順調な改善がみられました。

起立性調節障害では、特に寝る直前までのパソコンやスマートフォンの使用が症状を助長させると感じています。
お伝えした養生法をきちんと守って頂いたことも、順調な改善に繋がったのだと思います。

起立性調節障害は漢方薬で改善出来る事の多い疾患です。
お困りの方はご相談下さい。

この方の漢方薬代金 1日あたり 2種類の漢方薬 400円 補助剤 500円(税別)(症状、体質により代金は異なります)