2ヵ月程前から指先の違和感、腫脹、痛みが起きるようになり、病院で「へバーデン結節」と診断を受けました。
病院からは抗炎症剤や湿布などを出されましたが、あまり効果を感じられないためにご相談に来店されました。

へバーデン結節とは、指の第一関節に腫れや痛み、変形を起こしてしまう進行性の病気です。
40歳以上の女性に多く見られますが、はっきりとした原因は分かっていません。
根本的な治療法が無いために、一般的には消炎鎮痛剤やテーピングなどの対処療法が行われる事が多いようです。

ある程度の期間が過ぎると治療の有無に関わらず痛みは無くなりますが、発症中に起こった変形がそのまま残ってしまう事が多くみられます。
また個人差はありますが、長期に渡って痛みや腫れが続くケースもあるようです。

糸練功でお調べすると指の第一関節に対して、2つの反応を確認しました。
一つは関節に対して使われる事の多い漢方薬の反応で、もう一つはへバーデン結節の方に共通して現れる事の多い反応でした。

2つの反応に対して、2種類の漢方薬をお出しして様子を見る事にしました。
また改善効果を高めるために、ツボ治療も併用しました。

2週間後
少し違和感が減っている感じがありますが、大きな変化はまだ感じないご様子でした。
改善効果を高めるために、漢方薬を改めて調整しました。

1か月後
前回から明らかに違和感や痛みが改善したご様子です。
朝方に気になっていた腫脹も改善をしてきました。

4か月後
パソコン業務で負担をかける事の多い左手の小指は仕事中に痛むことがありますが、それ以外の指の痛みや違和感は消失しています。
朝方に浮腫む事も無く、第一関節の腫れも無くなっています。今のところ指の第一関節の変形も少しも起きていません。
引き続き症状の完全な安定に向けて、漢方薬の服用を続けています。

へバーデン結節の症状は個人差が大きいため、もしかすると漢方薬を飲まなくてもそこまで進行することは無かったのかもしれません。
ただし適切な治療をしない事で、痛みや腫脹が悪化して変形が進むケースも少なくありません。
今回の場合も漢方薬を飲みだしてから痛みの改善が見られているように、少なからず漢方薬による効果があると思われます。

追記
7カ月間漢方薬の服用を続けて頂き、痛みも違和感も変形も無く、症状も安定していると思われたため漢方治療を終了しました。

この方の漢方薬の代金 2種類の漢方薬 1日あたり 550円(税別)(体質・症状によって代金は異なります)