別の症状で漢方治療をされている方から、生理中の腹痛についての相談を受けました。

生理中は食事をすると右下腹部に強い痛みが起こり、うずくまる程だといいます。
そのため食事をするのが怖くなってしまうそうです。

また生理中はお腹に強い張りを感じたり、浮腫み易くもなってしまいます。

来店された日がちょうど生理が始まったあたりで、やはり右下腹部に痛みを感じていました。

症状の出方や糸練功の結果から、血虚を補い利水作用のある漢方薬をお出ししました。
また症状改善の反応があるツボへ印を付けて、ご自宅でお灸をして頂くようにお願いしました。

次に来店された時にお尋ねすると、あれから腹痛やお腹の張りがだいぶ軽く、いつもに比べて楽に過ごす事が出来たようです。

お出しした漢方薬は、比較的即効性があり、また体質改善の働きもあるものです。
このまま漢方薬の服用を続けて頂くと、生理中の症状が一段と安定してくると思います。

生理痛の漢方薬も、種類によっては即効性のあるものがあります。