短期間で改善がみられた不眠症状

〇60代・女性

3年半前に仕事がとても忙しい時期が続いた後から殆ど眠れなくなりました。
1カ月ぐらいそのような状態が続き、病院で「うつ病」と診断され、抗うつ剤を処方されてからは気持ちが楽になり、睡眠状態も良くなったようです。

 

ただし仕事が休みの前日などに試しに抗うつ剤を飲まないと、なかなか寝付けず、寝ても2時間ぐらいで目が覚めてそこから眠れなくなるようです。
抗うつ剤を飲み続ける事に不安があり漢方相談に来店されました。

 

漢方薬を飲み始めて2週間後にはあまり変化を無いようでしたが、1カ月後には寝付きが良くなり調子の良さを感じるようになりました。
調子が良いので抗うつ剤を飲まない日を増やしても良く眠れるようです。

 

6週間後には抗うつ剤を飲む必要はなくなり、漢方薬の飲み忘れも目立つようになりましたが、それでも大丈夫なようです。
夜中に一緒に寝ているペットに起こされる事はありますが、そこからまたすぐに眠る事が出来るようになりました。

 

2カ月後には漢方薬の服用回数を1日1回のみとして、さらに飲み忘れて1回も飲まない日でも問題無く眠れるという事でしたので、もう2週間分お出しして漢方薬の終了としました。

 

3年以上続く症状にも関わらず思いの外短期間で抗うつ剤を飲まなくても眠れるようになりました。
不眠症状の場合は、寝る直前までスマートフォンやパソコンを使用したり、暗い部屋でテレビを見るなど頭の過剰な興奮になる事は控える事が大切です。

 

この方の漢方薬代金 1日あたり450円(税別)(体質・症状により代金は異なります。)