大病をされて、手術をしてから便秘になったとのご相談がありました。
病院から下剤を処方されていますが、飲むと便が緩くなり過ぎる事が多く、また長く下剤に頼るのは抵抗があるとの事です。

病院からは、便秘をするのは直腸の形に問題があると説明を受けていますが、お話を伺うと手術をするまでは便秘の経験は殆どありませんでした。

今まで便秘をする事が無かったのなら、直腸の形態の問題というよりは、大きな手術の影響で大腸の運動機能が低下している事に原因があると考えました。

そのため一般的に便秘に使われる「大黄」が含まれた漢方薬では無く、大腸を含めた平滑筋の働きを高める漢方薬をお出ししました。

補気作用といって身体を元気にする作用もある漢方薬ですので、手術後の体力回復にも適していると考えました。

即効性は期待出来ませんので、最初の3週間ぐらいは病院から出された下剤と併用しながら漢方薬を服用して頂きました。

現在は、漢方薬の服用を開始して1ヵ月半になります。

2週間ぐらい前から、下剤の服用は中止して漢方薬だけに切り替えていますが、便秘になる事は無く便通は安定しているご様子です。

もちろん緩くなり過ぎて下痢をすることもありません。

また便通の改善だけでなく、身体全体が前よりも調子が良いと喜んで頂いています。

定期的に鍼治療も併用していますので、補気作用のある漢方薬と鍼灸治療の効果が出ていると思われます。

便秘も体質や症状に合わせて漢方薬を使い分けると、無理なく改善をする事が出来ます。

便秘でお困りの方はご相談頂ければと思います。

この方の漢方薬代金 1日あたり 漢方薬 350円(税別)