〇60代・男性
1カ月前からお腹が張った状態が続いているため、漢方薬の相談に来店されました。
食事をすると余計にお腹が張ってくるため、食欲はあるのにあまり食べられないようです。
年末年始で脂っこいものなどを食べ過ぎたのが原因のように思うとの事です。

症状の出方や糸練功の反応から、腹部の緊張を緩める事を目的に漢方薬をお出ししました。
また腹部の過緊張の原因として胆石、胆砂と思われる反応があったため、胆石を溶かす作用のある煎じ茶も併せてお出ししました。

漢方薬を飲み始めて2週間後
漢方薬を飲み始めると短期間でお腹の張りは気にならなくなったようです。
お腹の張りは良くなったのですが、少し食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまうため5食ぐらいに分けて食べているようです。

そのため胃の働きを良くする漢方薬を追加してお出したところ、すぐにお腹がいっぱいになる事は無くなり、調子を崩す前のように食べられるようになりました。

胃腸の不調は漢方薬で改善出来る事が多いです。
お困りの方はご相談下さい。