携帯電話やコップなどを持つと、手がふるえるとのご相談を受けました。

手のふるえは物を持つ時に顕著に表れますが、安静時にも起こる事があります。
元々は左手のふるえが主でしたが、最近では右手もふるえるようになってきました。

かかりつけの医院では、あまり気にしなくて良いと言われたようです。

この方には以前からうつ傾向や頭痛の漢方薬をお出ししていましたが、手のふるえが目立ってきたために漢方薬での改善の主目的を手のふるえと頭痛に変更する事にしました。

糸練功でお調べすると、手のふるえには精神面や自律神経のバランスの乱れが影響しているようです。
そのため精神的な緊張や身体的な緊張を和らげる作用のある漢方薬をお出ししました。

この漢方薬で心身の緊張が和らぐと、うつ傾向などの精神面にも良い効果がありそうです。

漢方薬服用を始めると、1週間後には今までと比べて手のふるえが軽減するようになりました。
更に1週間後には、物を持っても手のふるえは殆ど起こる事が無くなったようです。

通常は改善を始めるまでに1~2ヵ月ぐらいかかる事も多いですが、思いのほか早い改善がみられました。
今週は頭痛の調子も比較的良かったようで、また頻繁に起きていた背中の痛みも落ち着いているようです。

緊張して手がふるえる経験をした事のある方は多いと思いますが、頻繁に起きるようになると人の目が気になったり、日常生活に支障をきたす事もあると思います。

そのような症状は漢方薬で改善出来る事も多いので、お困りの方はご相談頂ければと思います。

ただし中には大きな病気が原因で起きている事がありますので、急に手がふるえるようになった時などはまずは病院できちんと原因を調べて貰う事をお勧めします。

この方の漢方薬代金 手のふるえ(自律神経)と頭痛 2種類の漢方薬 1日あたり600円(税別)