1年前からトイレの回数が増え始めて、9カ月前から膀胱、陰部の痛みが段々と強くなってきました。
排尿後30分ぐらいすると、なんとも言えない気持ちの悪い痛みが出てきます。
トイレに行っても排尿量は20~30㏄程で、また30分程すると痛みが強くなってきます。
そのため30~40分おきぐらいにトイレに行く状態が続いています。

検査の結果「間質性膀胱炎」と診断を受け、薬の服用や膀胱拡張術を受けましたが、症状に変化はみられなかったようです。
鎮痛剤を飲んでも効果は無く、今では1日中強い痛みが続いているため漢方薬で改善したいとのご相談がありました。

体質的な傾向や糸練功の反応から、血流を良くする漢方薬、炎症を鎮める漢方薬、水の巡りを良くする漢方薬の3種類をお出ししました。

漢方薬を飲み始めて1カ月後
膀胱、陰部の強い痛みは落ち着いてきたようです。
ただし尿が溜まると起きる気持ちの悪い痛みや違和感、頻尿症状は続いています。

3カ月後
少し排尿の間隔が開いてきたようです。
尿が溜まると気持ち悪い痛みが起きるのは続いていますが、2日程ですが1日中痛みが気にならない日がありました。

水の巡りを良くする漢方薬を、瘀血(古血の停滞)の改善作用のある錠剤に変更しました。

4カ月後
気持ちの悪い痛み、違和感が完全に無くなった訳ではありませんが、痛みの強さがだいぶ軽くなってきました。
症状が軽くなったため日常生活を送るのがだいぶ楽になってきたようです。
ご家族からも調子が良さそうにみえると言われたようです。

5カ月後
痛みや違和感を感じる事が殆ど無くなりました。
排尿間隔も開くようになり、調子を崩す前の状態にだいぶ戻ってきたようです。

間質性膀胱炎は有効な治療法が無いといわれていますが、漢方薬で改善出来る事があります。
お困りの方はご相談下さい。

この方の漢方薬代金 3種類の漢方薬 1日あたり700円(税別)(体質、症状により代金は異なります)