1年程前から頻尿、膀胱の違和感が続いているため漢方薬の相談に来店されました。
1時間もたずにトイレに行きたくなるため、授業の終わり頃になると勉強にも集中出来なくなってしまうようです。

病院では「過活動膀胱」との診断を受け、薬を服用していた事もありますが特に効果は感じられなかったようです。
冬場の方が頻尿が悪化する事、足先が冷える事から身体を温める作用のある漢方薬をお出ししました。
症状が起きるようになったのも1年前の冬からという事です。

養生法として冷たい飲み物や身体を冷やす食べ物を控える事と、防寒をしっかりして下半身を冷やさないようにお伝えしました。

漢方薬を飲み始めて3週間後
あまり症状に変化はみられません。
漢方薬を見直して附子剤という温める作用がより強いものに変更しました。
また緊張すると更にトイレが近くなるという事から、緊張を緩める作用のある漢方薬も加えました。

6週間後
トイレの間隔が2~3時間ぐらい空いても大丈夫になってきました。

9週間後
前回から引き続き3時間ぐらいは大丈夫です。
膀胱の違和感も気にならなくなったようです。

12週間後
排尿間隔は3~4時間ぐらい空いても大丈夫になり、調子を崩す前の状態に戻ったようです。

冬でも冷蔵庫に入った冷たい飲み物を飲む影響からか、小学生や中学生にも冷えが原因の不調が増えているように思います。
冷えが原因の頻尿は、温める作用のある漢方薬と身体を冷やさないように心がける事で、比較的短期間で症状が改善出来る事が多いです。

この方の漢方薬代金 1日あたり500円(税別)(体質、症状により代金は異なります)