〇80代・男性

1年前から間質性膀胱炎による痛みと頻尿が続いています。
膀胱水圧拡張術を行うと2~3ヵ月は症状が落ち着きますが、またぶり返してしまうようです。
ハンナ潰瘍も確認されたため電気メスで焼く治療も受けています。

現在の主な症状は、尿が溜まると膀胱が痛む。排尿後や歩行などの振動で痛む。
尿が溜まると痛むため日中は1~2時間に1回、夜は1時間毎に痛みで目が覚めてトイレに行くなどです。

体質的な傾向や糸練功の反応から、間質性膀胱炎の改善に対して腎虚を補う丸剤、血流を改善する錠剤、自律神経のバランスを整えるエキス剤の3種類をお出ししました。

漢方薬の服用を始めてもなかなか自覚症状の改善がみられませんでしたが、2ヵ月を過ぎた頃から膀胱の痛みが10→6ぐらいに軽減しました。
しかしなかなかそこから改善が進みません。
漢方薬の組み合わせを変えたりしながら試行錯誤を繰り返したところ、5か月ごろから再び症状に改善がみられました。

尿が溜まると起こる痛みは軽くなり、排尿後や歩行の振動で痛む事は無くなりました。夜間のトイレの回数も10回から3回程度にまで減ってきました。

このまま改善が進むと思われましたが、元々漢方薬を飲むのが苦手だった事もあり、ご本人の強い希望もあり早めに漢方薬の量を減らしたところ1カ月程で痛みや頻尿がぶり返してしまいました。

振動や排尿で痛みを感じるようになり、夜のトイレの回数も5~6回に増えてしまいました。
慌てて漢方薬の量を戻したところ、痛みは少し軽くなりましたが夜間頻尿は増えたままで改善しませんでした。

その後も試行錯誤を続け、最終的に血流を改善する漢方薬を違うメーカーのものに変えたところ急速に症状に軽減がみられました。
尿が溜まったり、振動などで痛みを感じる事は無くなりました。
また夜間のトイレの回数も段々と減っていき、2回程にまで減りました。
ご本人は自分の年齢を考えれば2回ぐらいは許容範囲と苦にならないようです。
昼間は3~4時間ぐらいは空いても大丈夫です。

今回は慎重に調子が良くなっても3カ月程同じ量の漢方薬を飲んで頂き、その後は少しずつ漢方薬の量を減らして最終的に三分の一の量でも良い状態が続いたため、服用期間1年半で漢方治療も終了する事が出来ました。

この方の漢方薬代金 1日あたり650円(体質や症状により代金は異なります)