40代・女性

10年前から続く、過敏性腸症候群のご相談がありました。
ちょうどその時期に非常にストレスがかかる日々が続き、それ以来過敏性腸症候群に悩まされています。

特に午後からガスが溜まりやすく、仕事中も非常に気になるようです。
便通も下痢と便秘を繰り返しており、下痢の時には夕食後に20分ぐらいトイレにこもる事も多くあります。

主な症状
〇午後からや食後に、ガスやげっぷが溜まり苦しい。気になる。
〇基本的に下痢が多く、間に二日ぐらい便が出ない日がある。
〇喉の詰まりが気になる。
〇頭痛、めまいがある。
〇緊張すると尿意が起きる。

大腸は、ストレスや自律神経の影響を非常に受け易い臓器です。
症状の出方や糸練功の反応から、大腸の状態を安定させる漢方薬と、原因の大元にある自律神経のバランスを整える漢方薬をお出ししました。

漢方薬の服用を開始して2週間後
漢方薬の服用を始めて1週間あたりから、下痢が無くなり普通便が毎日出るようになりました。
ガスやげっぷも、少しましになったようです。
気持ちが少し落ち着き、精神的に楽に感じる気がするとの事です。

1ヶ月後
以前のようにガスやげっぷが気にならなくなりました。
そのため仕事中も気が楽で、気疲れする事も無くなってきたようです。
便通も引き続き、下痢にはならず毎日あるようです。

10年続く症状なので、もう少し自覚的な改善までに時間が掛かると思われましたが、とても順調に改善が進んでいるようです。
この調子で大腸と自律神経のバランスが整い安定すると、お腹を冷やしたり、暴飲暴食をしなければ症状も安定してくると思います。

過敏性腸症候群について詳しくはこちらをご覧下さい。

この方の漢方薬代金 2種類の漢方薬 1日あたり650円(税別)(症状、体質により代金は異なります)