〇小学生

半年程前からトイレや入浴、手洗いの際に確認行為や儀式行為を行わずにはいられなくなりました。
ご本人が言うには、排便の際のちょっとした事がきっかけになったようです。
1カ月前に病院を受診して「強迫性障害」と診断を受け、フルボキサミンを処方されています。

トイレや手洗い、入浴のたびに色々な決められた手順を踏む儀式行為があり、またきちんと綺麗になっているかの確認行為もあるため、とても時間が掛かるようです。
また元々怒りっぽいところはありましたが、癇癪を起す事も増えているようです。

強迫性障害の改善を目的に心身の緊張を緩める漢方薬と葉緑素製剤、牡蠣肉製剤をお出ししました。

漢方薬を飲み始めて1カ月後
手洗いに伴う儀式行為や確認行為が少し短くなったようです。
そのため集団登校に間に合う日が増えてきました。

2カ月後
前回からは大きな変化はみられません。
少し時間は短くなったものの、やはり確認行為や儀式行為は続いています。
心身の緊張を緩める漢方薬を、同じ系統ではありますが別の漢方薬に変更しました。

3カ月後
手を洗う時間がずいぶんと短くなってきました。
まだ手洗いや入浴の際には決められた手順があり、邪魔をされると怒りますが、ずいぶんと簡略化されてきたようです。

3カ月半後
ここ最近はイライラが減っているようです。
別に手順を踏まなくても手を洗えると前向きな発言がありました。

4カ月後
前回から入浴でもトイレ、手洗いの際にも儀式行為も確認行為も無くなりました。
調子を崩す前に戻ったようです。

5か月後
引き続き問題の無い状態が続いています。

出来ればフルボキサミンの服用を止めても調子が安定している事を確認出来ればと思いましたが、それ以降は来店が途絶えてしまいました。
そのためその後の事は分かりませんが、漢方薬で調子を崩す前の状態に戻るお手伝いが出来たように思います。

強迫性障害は漢方薬で改善出来る事があります。
お困りの方はご相談下さい。