顔を中心としたニキビでお悩みの女性。
10代の頃からニキビが出来やすく、気になっているとの事です。最近は以前よりもニキビの数が増えてきています。

ニキビに対する漢方治療は、体質や皮膚の状態に合わせて解毒証タイプ・瘀血タイプ・血虚タイプなどに分けておこなっていきます。
この方の場合は、血虚に対する漢方薬と補助剤としてカルシウム製剤と青汁製剤をお出ししました。

また甘い物が大好きとの事でしたので、出来るだけ控えて貰うようにしました。
青汁・緑茶などの苦味の物は、甘味の毒消しになります。

服用開始から約2ヶ月になりますがだいぶ落ち着いてきているようです。
まだ完全に綺麗にはなっていませんが、最近の中では一番皮膚の調子が良いと喜んで頂いています。

この方の1日あたりの漢方薬代金
血虚に対する漢方薬 1日2回服用 330円  青汁製剤+カルシウム製剤 1日1回服用 310円(代金は症状・体質により異なります)