①30代・女性

半年前から足の裏や指先に水泡が出来るようになりました。
水泡が破れると、ガサガサとした乾燥した湿疹になります。
皮膚科で「汗疱」と診断され、ステロイド剤を処方されていますが改善がみられないためご相談に来店されました。

汗疱(汗性湿疹)は、表の利水作用のある漢方薬で改善する事があります。

糸練功でお調べして、1種類の利水作用のある漢方薬をお出ししました。

漢方薬を飲み始めて1ヵ月後は少し良いかな?という程度でしたが、2ヶ月後にはあきらかに水泡が出来る頻度が減り始めました。

3ヶ月後には、両手と左足裏は殆ど目立たなくなりました。現在は、右足裏に湿疹が少し残るぐらいにまで改善しています。

この方の漢方薬代金 1日あたり400円(税別)

②30代・男性

3年程前から両手の指の側面や指先に出来る水泡に悩まされています。
強い痒みを伴い、掻くと皮膚が破れてあかぎれのようになってしまいます。

ステロイド軟膏を塗ると痒みや湿疹は早く治まりますが、結局また水泡が出来てしまうためご相談に来店されました。

糸練功でお調べすると、この方の場合は利水作用のある漢方薬と体質改善作用のある漢方薬の組み合わせが合うように思われました。

漢方薬を飲み始めると、段々と水泡が出来る頻度が減り、指の痒みも気にならない事が増えてきました。

季節の影響などで一時的に悪化した事もあり、右肩上がりの改善とはいきませんでしたが、服用期間約1年2ヶ月で症状消失、再発の可能性も低いと思われたため漢方治療を終了しました。

その後、別の症状のご相談で来店されましたが、汗疱は落ち着いたままとの事でした。

この方の漢方薬代金 2種類の漢方薬 1日あたり600円(税別)

汗疱とは

手のひらや指の横、足の裏などに、数ミリほどの水疱(皮下の水のたまり)が複数出来る皮膚疾患です。
水疱が出来る際に非常に強い痒みが伴う事があります。
水疱が破れると、皮が向けて乾燥性の湿疹になります。

汗疱の原因は、今のところはっきりとは分かっていません。
また有効な治療法も見つかっておらず、ステロイド軟膏などの対症療法が主流となっています。

汗疱と漢方薬

汗疱に限らず、誰にでも効く漢方薬というのはありません。
症状の出方や体質的な傾向によって、改善に必要な漢方薬は異なります。

汗疱の場合は、体表の利水作用のある漢方薬で改善出来る事があります。
また免疫系統を整える漢方薬が合うケースもあります。

汗疱は、手や足に汗を良くかく人がなりやすいと言われています。
そのため手汗が多い場合は、自律神経を整えて手汗を改善する漢方薬を併用する事もあります。

大切なのは、その方に合った漢方薬を服用することです。
汗疱(異汗性湿疹)でお困りの方はご相談下さい。