2ヵ月程前から、手足や顔、首筋に痒みや赤みを伴う湿疹が出るようになったため、漢方相談に来店されました。
皮膚科で処方されたステロイド外用薬を塗ると少し落ち着きますが、塗るのを止めるとまたすぐにぶり返してしまいます。

外気と接するところだけに湿疹が出ているため、日光性皮膚炎か花粉や黄砂、PM2.5などの刺激による皮膚炎の可能性が考えられます。

糸練功でお調べすると、消炎作用のある「石膏」という生薬が含まれる漢方薬が合いそうでした。
この漢方薬は、花粉や黄砂の刺激によって起きる湿疹に使われる事の多い漢方薬です。

漢方薬を飲み始めると、すぐに痒みや赤みが無くなり、皮膚の状態が落ち着いてきました。
そのためステロイドの使用も中止しましたが、湿疹がぶり返す事も無かったようです。

2週間後に来店された時には、湿疹が出始める前の綺麗な状態に戻っていました。
一時的な皮膚炎ならこのまま落ち着く可能性も高いため、もう2週間だけ服用を続けて、その後は様子を見て頂く事にしました。

アトピー性皮膚炎や体質が関わる皮膚症状の場合は、症状の改善までに時間がかかり、また一定期間服用を続ける必要があります。
ただし体質が絡まない一時的な皮膚症状の場合は、短期間の服用で落ち着く事もあります。

この方の漢方薬代金  1日あたり500円(税別)(症状・体質によって代金は異なります)