何年も前から陰部の痒みに悩まされているため、漢方相談に来店されました。
もともと皮膚が弱く、腰や肩回りなどに痒み、湿疹が起こりやすい体質のようです。
痒みが強いため、1日に何度もシャワーを浴びて紛らわしています。

体質的な傾向や糸練功の反応から、2種類の粉薬をお出ししました。
2週間後には、痒みが軽減してシャワーを浴びる回数も減ってきたと喜んで頂いたのですが、
1カ月後にはまた痒みがぶり返してしまいました。
もう1ヵ月程続けて頂き様子を見ましたが、やはり痒みは強いままです。

あらためて漢方薬を検討し直して、皮膚搔痒症などに使う事の多い煎じ薬に変更しました。
漢方薬を変更すると再び痒みが軽減を始めて、1カ月後にはシャワーを浴びる回数も1回ぐらいで済むようになりました。

3カ月後には、陰部の痒みを感じる事は殆ど無くなりました。
煎じ薬から飲みやすいエキス剤に変更して、引き続き症状の安定のために服用を続けて頂いています。

陰部の痒みは、白癬菌やカンジダ菌などのカビ感染やある種のウイルス感染が原因のことがあります。
そのような場合は皮膚科を受診して、症状に合った薬ですぐに治る事が多いです。

ただし皮膚科を受診しても原因がはっきりしない場合や、感染を何度も繰り返してしまうようなケースでは、漢方薬で改善出来る事があります。
お困りの方は、ご相談頂ければと思います。

この方の漢方薬代金 1日あたり 600円(税別)(症状、体質によって代金は異なります。)