〇20代・男性

3年前に体調を崩し、倦怠感や頭痛、喉の痛み、寒さ暑さを異常に感じる状態が続きました。
しばらくして体調は落ち着きましたが、それ以来話す際の喉のムズムズとした違和感がずっと続いています。

耳鼻科や呼吸器科など幾つかの病院を受診して様々な薬を飲みましたが効果無く、心療内科で漢方薬を処方され少しだけ和らいだ感じがありましたが、結局改善には至らなかったようです。

一般的に喉の違和感といえば、喉の詰まり感、閉塞感が多く、それは漢方薬が比較的得意としている症状です。
ただしこの方の場合は、話す際の喉のムズムズとした違和感であり閉塞感とは違うようです。
黙っていると特に気にならず、ストレスや疲れがある時は症状も強くなります。

いまいち症状に捉えどころが無かったため、まずは喉の違和感などに幅広く効果がある健康食品をお出ししましたが、特に効果はみられませんでした。

そこで喉の緊張を緩める事を目的に心身の緊張を緩める作用のある漢方薬に変更すると、最初の1週間は少しましに感じたようでしたがその後はまた元の状態に戻ってしまいました。
次いで気滞を改善する漢方薬を組み合わせてお出ししましたがそれでも変化はありませんでした。

もう一度考え直し、喉の局所に捉われずこの方の全体的な雰囲気も含めて水と気の巡りを良くする漢方薬をお出ししました。

漢方薬を変更すると、2週間後には少しだけ良い気がするとの事でした。
糸練功の反応も良かったため、引き続き同じ漢方薬をお出ししました。

1カ月後には症状が気にならない時がポツポツと出てきました。
2カ月後には喉の違和感が気になる事は殆ど無くなりました。
その後は再発防止の目的も兼ねて3カ月間服用して頂き、漢方治療を終了する事が出来ました。

最初の3カ月近くはなかなか漢方薬を合わせる事が出来ず、三度見直しを行いましたが、その後は順調な改善が見られました。
毎日欠かさず漢方薬を服用して、お伝えする養生法もきちんと守って頂いた事も良かったと思います。

この方の漢方薬代金 1日あたり400円(税別)(体質、症状により代金は異なります)