〇30代・女性

3年前に出産されてから不安感やパニック症状などに悩まされているため漢方薬のご相談に来店されました。

主な症状として
〇突然不安感や恐怖感に襲われる。
〇集中すると倒れてしまいそうな感覚が起こる。
〇窓が無い部屋などの閉所が怖くなる。
また自分自身がそこに居ず、離れたところから客観的に自分を見ているような感覚が起こる「離人感」のような症状もあります。
自分がそこにいないように感じるので、どこに意識を向けたら良いか分からなくなるようです。

病院では「閉所恐怖症」との診断を受けています。

症状の起こり方や糸練功の反応から、自律神経を整える2種類の漢方薬と補助剤をお出ししました。

漢方薬を飲み始めて2週間後
まだ症状はありますが、少し気持ちが落ち着いて動悸がする事が減ってきました。
離人感のような症状も減ってきたようです。

1カ月後
あきらかに症状が出る回数が減ってきたようです。
この2週間は離人感のような症状は起きていません。

2カ月後
不安感や恐怖感に襲われる事も、倒れそうな感覚も起きる事が無くなりました。
まだ週に2~3回程、症状が起きそうな予兆のようなものを感じる事はありますが、すぐに落ち着くようです。
補助剤を終了して、2種類の漢方薬のみに変更しました。

4カ月後
この1カ月間は調子良く、症状が気になる事も無く過ごせたようです。
症状の安定、再発防止のために漢方薬の量を減らして服用を続けて頂いています。

3年間続いてきた症状でしたが、思いのほか順調な改善がみられています。

出産をきっかけに心身の調子を崩す方は意外と多くいるように思います。
東洋医学では出産をきっかけに「血虚」となったり「瘀血」が残る事が原因と考える事が多いです。
また出産による急激なホルモンバランスの変化が、自律神経のバランスを崩す事が原因のケースも多いと思われます。
そのような症状は漢方薬で改善出来る事が多いです。

産後の不調が続く方はご相談下さい。

この方の漢方薬代金 1日あたり600円(税別)(体質、症状により代金は異なります)