40代・女性

20日程前から強い耳鳴りが常時続いているため、漢方相談に来店されました。

病院を受診したところ耳自体には異常が無く、ストレスが原因の「更年期障害」と診断されたようです。

耳鳴り以外の症状として

〇寝付きの悪さ
〇生理痛、月経不順
〇生理前の気持ちの落ち込みやイライラ、腹痛、体調不良などがあります。

生理前に気持ちが不安定になったり、腹痛や頭痛、浮腫み、便秘などの症状が現れる事をPMS(月経前症候群)と呼びます。
PMS(月経前症候群)について詳しくはこちら

この方は元々生理不順やPMSの症状が強くあったため、ピルでコントロールしていた時期もありましたが、現在は服用を中止しています。
また耳鳴りの症状が出だしてからは、睡眠状態も一段と悪化してしまいました。

症状の出方や糸練功の反応からも、やはり耳鳴りの原因はストレスによる自律神経の乱れにあるように思われました。
そのため自律神経を整える事を目的に2種類の漢方薬をお出ししました。
また少しでも早く症状を落ち着けるために「牛黄」が含まれた漢方製剤を併用して頂きました。

漢方薬を飲み始めると、少しずつ耳鳴りが気にならない時間が増えるようになりました。
1カ月を過ぎる頃には、疲れた時以外には殆ど意識する事も無くなりました。

また同時期から睡眠状態が、とても良くなってきたようです。
3年程前から寝付きが悪くなり、睡眠導入剤を飲んで眠る事もありましたが、寝付き良くぐっすり眠れるようになりました。

漢方薬を飲みだして3カ月後には、PMS(月経前症候群)の症状が一切無く生理が来て驚いたようです。
耳鳴りも、完全に気になる事は無くなりました。

おそらく色々なストレスが積み重なり、自律神経のバランスが崩れる事で、不眠症状やPMS症状の悪化に繋がっていたのだと思われます。
それが耳鳴りを改善するために自律神経を整える漢方薬を服用することで、耳鳴り以外の不調も一緒に改善する事が出来たようです。
3年程前から続いていた不調が落ち着き、ずいぶんと体調良く過ごす事が出来ているようです。

この方の現在の漢方薬の代金 1日あたり 590円(税別)(体質・症状により代金は異なります)